2012年10月31日水曜日

「ヨハネの黙示録」ガイドブック 第12回目の質問(21~22章)


  
13回目の集まりのために
  
 
「ヨハネの黙示録」2122
  
「ヨハネの黙示録」は新世界の描写で閉じられます。
どのようなことが「神様のもの」である人々を待ち受けているか、
ヨハネは見て、その不思議な素晴らしさに感銘を受けました。
この幻は「神様のもの」である人々に
これからも天国への道を歩みつづけるように励ましています。
非常に素晴らしい世界が約束されているので、
私たちは天国への道を歩むのを途中でやめたりはできません。
  
  
質問

1)新世界はどのようなものですか。
私たちが今いる世界とくらべて、どこが同じでどこが違うのでしょうか。
なぜ新世界は本当によい所なのでしょうか。
  
2)ヨハネは新しい都の大きさを測ります。
その測量結果は都についてどのようなことを物語っていますか。
211517節の説明を参照してください。
  
3)新しいエルサレムには神殿がありません。
このことは新世界における人間と神様との関係について
どのようなことを語っていますか。
  
4)聖なる都に入城できるのは誰でしょうか。
  
5)「ヨハネの黙示録」は新しい楽園について語っています(2215節)。
これとエデンの楽園(「創世記」24節~36節)との間には
どのような共通点と相違点がありますか。
  
6)のろいに縛られていない生活とはどういう意味でしょうか(223節)。
そのときの生活はどのようなものでしょうか。
  
7)2211節はどういう意味ですか。
この箇所の説明を参照してください。
  
8)イエス様は御自分のことを
「ダヴィデの若枝」とか「明けの明星」と言われています(2216節)。
これによって、イエス様は何を意味しておられるのでしょうか。
この箇所の説明を参照してください。
  
9)イエス様が早く再臨されるように、あなたは祈っていますか。
また、このように祈るべきでしょうか。
あなたはこう祈るのが怖いですか。
怖い場合、それはどうしてでしょうか。
  
10)「ヨハネの黙示録」があなたがた一人一人に
どのようなことを教えてくれたか、聖書研究会で話し合ってください。
何か特に印象に残ったことがらなどがありますか。
 

0 件のコメント: