2012年10月5日金曜日

「ヨハネの黙示録」ガイドブック 22章1~5節 新しいエデン(その1)


 
「ヨハネの黙示録」22
  
新しいエデン 2215節(その1)
  
 
聖書のはじめには
エデンの楽園についての記事があります。
そこには命の木、善悪を知る木、
それに楽園を横切って流れる川がありました。
天地創造の描写の後には、
人間の罪の堕落が描かれました。
神様は
人間が善悪を知る木から取って食べることを禁じました。
エヴァとアダムは、
神様の命令を破ったため、楽園から追放されました。
罪は人間を捕らえてねじ伏せ、
世界を支配するようになりました。
15節は、
神様がかつて造られた楽園を描いています。
ですから、
旧約聖書の天地創造を念頭において、
これらの節を研究するのが適切です。
  
1節では
新しいエルサレムを流れている「命の水の川」
についての記述があります。
おそらくこの川は、
新世界で実現する「永遠の命」を描いているのでしょう。
ヨハネはまた「命の木」を見ます。
この木の葉から諸国民は健康を得ると言われています。
つまり、天国に入った人々は健康になる、ということです。
この世では、苦痛や窮乏や病気があります。
天国には、それらのものはありません。
そのかわり、
善悪を知る木については、ヨハネは何も話しません。
新世界にはそれはないのです。
ということは、
新世界では再び罪の堕落が起きる可能性はまったくない、
ということです。
天国での喜びには終わりがありません。
 

0 件のコメント: