2018年8月8日水曜日

「ペテロの第一の手紙」ガイドブック 1章1〜2節 手紙の差出人と受け取り手

「ペテロの第一の手紙」第1章

1章1〜2節 手紙の差出人と受け取り手

古典古代における慣習に則って、
書き手の名前がこの手紙の冒頭に記されています。
書き手の名は使徒ペテロです。
すでに冒頭の数節において、
この手紙全体に通底するテーマが登場しています。
すなわち、
苦しみを受けている寄留者であり
神様の選ばれた民でもある人々に向けて
この手紙は書かれた、ということです。

「寄留者」としての生き方は信仰の教えに基づくものであり、
手紙の受け取り手たちの日々の生活と深い関わりがありました。
手紙の受け取り手たちは小アジアに偏在していました。
彼らはユダヤ人であるかどうかには関わりなく、
今や少数派として生きることを余儀なくされていました。
彼らの置かれた状態は旧約の民のそれと似ていました。
主の民は荒野を横断して約束の地への帰還の旅を続けました。
そして、そこに到着するまでは、
他所の土地に慣れ親しんでしまうことは許されないことでした。
この生き方は、当時も今もキリスト信仰者にとっての模範となるものです。

その一方で、手紙の受け取り手たちは、
たんに苦境に立たされている寄留者だっただけではなく、
全能なる神様が選び分かち愛してくださる民でもありました。
神様がこの世のはじまる前に用意なさった救いの計画を自ら実現され、
彼らをイエス様の血によって聖別なさったのです。
「イエス・キリストの血の注ぎを受けるために」(1章2節)という表現は、
この手紙においてこれから展開されていくことになる
最も重要なテーマを予告しています。
すなわち、私たちはキリストの血によって清められている、ということです。

2018年6月7日木曜日

「ペテロの第一の手紙」ガイドブック 素晴らしい生き方を宣べ伝える

素晴らしい生き方を宣べ伝える

このペテロの手紙は
とても困難な状況の下に置かれた人々に向けて書かれています。
自分の犯した過ちのせいで苦しみを受けるのがどれほど辛いことであるか、
ということは誰もが知っていることです。
ましてや、
自分の側に落ち度がなかったにもかかわらず
苦しみを受けなければならなくなった場合には、なおさらのことです。
当時のキリスト信仰者たちは
まさにこの後者のケースが当てはまるような状況に置かれていました。
彼らは誰に対しても何か悪いことをしたわけではありません。
にもかかわらず、
人々は彼らを憎悪し、あらゆる面で悪者扱いしました。
ローマ皇帝も庶民も、あらゆる階層の人々が皆こぞって、
キリスト信仰者を憎悪することを
あたかも彼ら自身の使命であると思い込んでいるようにさえ見えました。
キリスト信仰者は処罰の対象となり、流血の事態も起きました。
このような状況において、
キリスト信仰者はいったいどのように行動するべきなのでしょうか。

「ローマ皇帝や他のすべての人々に対して敬意を払うように」
と使徒ペテロはキリスト信仰者を奨励しました。
キリスト信仰者たちが彼らから不当に苦しみを受けていることを
この手紙の書き手はもちろん知っていました。
そうであっても、キリスト信仰者は
すべての人間に愛を示し罪の赦しを与えるべきであることを、
ペテロは奨励しているのです。

もしも自らの悪い行いのゆえに苦しみを受けることになるのなら、
自分自身を責めてしかるべきでしょう。
しかし、
もしもあなたが不当な理由から苦しみを受けることがあるのなら、
どうかその苦しみを「神様の恵み」とみなしてください。
後者のケースの場合の「模範」となるのは、
私たちの身代わりとして死の苦しみを引き受けてくださった
キリスト御自身です。
キリストはまったく罪のないお方であったにもかかわらず、
御自身に死刑宣告を下した人々や虐待を加えた人々に対して、
威嚇するような姿勢を一切示されませんでした。
今日でもこのイエス様の態度は、
キリストへの信仰を公に告白したせいで苦しい目にあっている人々に対して
「本当に素晴らしい生き方とはどのようなものであるか」を知らせてくれます。
これは、
自分を圧迫してくる者たちのことを赦し、
彼らに祝福を静かに願うという生き方です
(もちろん、これは圧迫などの悪行自体を容認するという意味ではありません)。
これは、
人に見せびらかすものでも自分を「殉教者」に祀り上げることでもなく、
心から素直にそれを実践していく生き方です。

2018年6月5日火曜日

「ペテロの第一の手紙」ガイドブック 誰が、誰に宛てて、どうして、この手紙を書いたのでしょうか?

誰が、誰に宛てて、どうして、この手紙を書いたのでしょうか?

手紙に明記されている書き手の名は、
イエス・キリストの使徒ペテロです。
彼は手紙の受け取り手のことを
「神様によって選ばれた寄留の民」と表現しています。

「イエス・キリストの使徒ペテロから、
ポント、ガラテヤ、カパドキヤ、アジヤおよびビテニヤに
離散し寄留している人たち、すなわち、
イエス・キリストに従い、かつ、その血のそそぎを受けるために、
父なる神の予知されたところによって選ばれ、
御霊のきよめにあずかっている人たちへ。
恵みと平安とが、あなたがたに豊かに加わるように。」
(「ペテロの第一の手紙」1章1〜2節、口語訳)

手紙のこの箇所には、小アジア地方の(全てではないですが)
多数のローマの属州の名が記されています。
ということは、
手紙の受け取り手たちは現在のトルコの地域に居住していたことになります。
彼らの大多数は
異邦人(つまりユダヤ人ではない)キリスト信仰者であったと思われます。
手紙の成立時期を正確に知るのは困難です。
唯一の手がかりは迫害です。
ローマ帝国全域にわたる最初の大規模な迫害は
皇帝ドミティアヌスによるものです。
それは西暦90年代に起こりました。
すでにそれ以前にペテロは殉教の死を遂げており、
死に勝利した天の御国の教会の一員に加えられていました。
当時のキリスト信仰者たちはすでに以前から各地で憎悪の対象となっていました。
ですから、
この手紙は最初の大規模な迫害の起こる以前に書かれていた可能性もあります。
この手紙を書き取ったのはシルワノという名の人物です(5章12節)。
彼はパウロの古くからの同僚で共に牢獄生活を送ったシラスと
同一人物であったとも考えられます(「使徒言行録」5章12節)。
このことについてはガイドブックの終わりで取り上げることにします。

2018年5月28日月曜日

「ペテロの第一の手紙」ガイドブック 「ペテロの第一の手紙」を読む前に

「ペテロの第一の手紙」ガイドブック

フィンランド語版著者 エルッキ・コスケンニエミ
(フィンランド・ルーテル福音協会牧師、神学博士)
日本語版翻訳・編集者 高木賢
(フィンランド・ルーテル福音協会、神学修士)

聖書の引用は原則として、口語訳によっています。
翻訳者の判断により、
この日本語版ではフィンランド語原著に多少の補足・変更等が加えられています。


「ペテロの第一の手紙」を読む前に

「ペテロの第一の手紙」は回覧されるのを前提として書かれた手紙です。
新約聖書に含まれている手紙の多くは、
ある特定の地方教会に宛てられた手紙でしたが、
このペテロの手紙は
キリスト信仰者の小さな幾つものグループに宛てられたものでした。
手紙を受けとった人々は小アジアに住んでいました。
小アジアはおおむね現在のトルコの地域に相当します。
彼らは当時の激動の状況下で生活し、様々な困難に遭遇しました。
この手紙は
読者を助言し、勇気付け、慰めるために書かれた公開書簡なのです。


「ペテロの第一の手紙」は、
新約聖書の一般的な読者があまり注目する機会のない手紙です。
しかし、その内容は
皆の賛嘆を受けるのにふさわしい貴重な宝石そのものであるといえます。
この手紙からは愛と平和が伝わってきます。
また、
この手紙は激しい迫害の最中に書き留められたことが知られています。
まさにそれゆえに、
この手紙に満ちている愛と平和の雰囲気は
いっそうかけがいのないものに感じられるのです。

2018年5月23日水曜日

「フィレモンへの手紙」ガイドブック おわりのメッセージ

おわりのメッセージ

「イエスは彼に言われた、
「わたしは道であり、真理であり、命である。
だれでもわたしによらないでは、父のみもとに行くことはできない。」
(「ヨハネによる福音書」14章6節、口語訳)

主はあたかも次のようにおっしゃりたいかのようです。
「私はあなたたちに対して忠実でありたいし、
あなたたちのことを深い海を超えて死から永遠の命へ、
この世と悪魔の帝国から天の父の御許へと連れて行きたいと強く願っています。
だからこそ、私自身が道、真理、命であろうとするのです。
私についてはそのような存在(道、真理、命)として
呼称されるのが至当だからです。」

ここで注目していただきたい。
私の理解によれば、
冒頭の御言葉は今も同様にキリストお一人のみを指しています。
キリストは初めに道であり、次に真理であり、最後には命であられます。
どのような場合にもキリストは「すべて」なのですから。
初めも続きも最後もすべて含めて私たちの救いなのです。
キリストを初めの「石」として受け入れましょう。
そして、この石を礎として次々とほかの石を積み重ねていきましょう。
キリストは、天まで延びる梯子における最下段の横木であり、
また真ん中の横木であり、さらに最上段の横木でもあります。

この御言葉の核心にあるメッセージは次のようなものです。
「信仰を通してキリストにしっかり繋がりなさい。
そうすれば、あなたは正しいやりかたで物事を始めることになります。
キリストに自らの安全を求めなさい。
そうすれば、正しいやりかたで人生を送ることができます。
終わりまでキリストのうちに留まりなさい。
そうすれば、あなたは救いの幸いに与ることができます。」


(マルティン・ルター)

以上で「フィレモンへの手紙」ガイドブックの配信をおわります。

2018年5月16日水曜日

「フィレモンへの手紙」ガイドブック おわりの質問


「フィレモンへの手紙」についてのおわりの質問

パウロはこの手紙を通してフィレモンに接触を試みます。
フィレモンの奴隷であるオネシモの件が
この手紙の中心的な話題になっています。
使徒パウロは
友人フィレモンがこの奴隷を懲罰することなく
ふたたび受け入れてくれることを懇願しています。
この手紙からは、
パウロがどれほど真剣に
キリスト信仰者一人一人のことに心を砕いていたかが伝わってきます。

1)「フィレモンへの手紙」を三回ほど通読してみてください。
それからまず、
パウロのこの手紙を読んだフィレモンがどのようなことを考えたか、
推測してみてください。
そして次に、
使徒パウロの手紙の言葉を聞いたオネシモは何を思ったか、
考えてみてください。
最後に、
パウロの手紙の内容を聞いたフィレモンのほかの奴隷たちが
どのような感想を持ったか、
想像してみてください。

2)イエス様が私たちのために何をしてくださったか、
私たちは必要十分にわかっているのでしょうか。
もしもよくわかっているとしたら、
どのような結果が生まれるでしょうか。

3)「兄弟よ。わたしは、あなたの愛によって多くの喜びと慰めとを与えられた。
聖徒たちの心が、あなたによって力づけられたからである。」(7節、口語訳)

フィレモンを通してキリスト信仰者たちの心が力づけられた、
とパウロはこの節で書いています。
ここで使徒はいったい何を伝えたいのでしょうか。
私たちを通しても、
ほかのキリスト信仰者たちの心が力づけられることがあるでしょうか。
そのようになるために、
私たちには何ができるでしょうか。

4)使徒として自分がもっている権能を、
パウロはフィレモンに対してあえて行使しませんでした。
私たちは、
ほかの人々の益となるために
自らの地位や権力をあえて利用しない心構えができていますか。

5)私たちはほかのキリスト信仰者たちについても心を砕いていますか。
これは具体的にはどのような態度を指しているのでしょうか。
「正しい心配り」と「間違った心配」の相違点について考えてみてください。

6)パウロのこの手紙を読んだ後、
フィレモンはオネシモに対してどのような態度をとったと思いますか。
あなたの導き出した答えを理由付きで説明してみてください。

7)私たちはほかの人々に対してその罪を赦す心構えができていますか。
もしもほかの人の罪を赦すことが
自分にとって何らかの損害をもたらす場合であっても、
私たちは赦す心を保つことができるのでしょうか。
どのようにしたら私たちは
「ほかの人の罪を赦す」という姿勢を学ぶことができるのでしょうか。