2017年8月11日金曜日

私たちは聖餐について何を信じていますか?(その5)

私たちは聖餐について何を信じていますか?(その5)


パウロは、聖餐はイエス様とのつながりである、と書いています
(「コリントの信徒への第一の手紙」10章16節)。
私たちの罪を帳消しにしてくださるお方と私たちとの間に
つながりが生まれるとき、私たちは
「自分たちの罪がすでに帳消しにされている」という「罪の赦しの恵み」を
実際に我が身にあてはめて受け取ることができるようになります。
すなわち、私たちはそのときに罪の赦しをいただくのです。
ルターは「聖餐にはどのような益があるか」という問題に対して、
「この聖礼典(ここでは聖餐をさしています)において
私たちには罪の赦しが与えられます」、と答えています。

聖餐式は罪の赦しの恵みを「作り出す」ものではなく、
すでに用意されているその恵みを「分け与える」ものです。
聖餐式はイエス様をくりかえし犠牲としてささげる場ではなく、
イエス様が一度限りの十字架の犠牲によってすでに確保してくださった恵みを
提供する場なのです。


人間にとってこれを理解するのはたやすいことではありません。
聖餐式で人は聖壇のもとに来てひざまずき、
祝福された聖餐のパンとぶどう酒を受け、罪の赦しをいただきます。
「神様の恵みがこんなに容易に得られるはずがない」と、
私たちは考えがちなのです。
人間には罪が隅々にまで染み付いているので、
人間が考えることは、
信仰にかかわる事柄に関しては正しく教えない「欺きの声」であるとも言えます。
しかし、
イエス様の御許に自らの罪をたずさえてきて罪の赦しを乞う人は、
すべて赦されます。
神様の恵みとは、まさにこれほどまでに単純なことである、
と聖書は教えているのです。

2017年6月30日金曜日

私たちは聖餐について何を信じていますか?(その4)

私たちは聖餐について何を信じていますか?(その4)


イエス様が本当に聖餐の中に存在していることを
信じるのが難しい場合があるのは、
聖餐式がとても地味なものだからでもあるでしょう。
聖餐を配るのは不完全な人間であり、
聖餐式の時に天から音声が響き渡るわけでもないし、
聖餐にあずかるのも罪深い人々の群れです。

ルター派の教会の信仰の教えは「十字架の神学」と呼ばれます。
神様はこの世では御自分の力を隠しておられます。
そして、神様が働かれているのは、
一見するとそのようには思えないところにおいてこそなのです。

私たちが信じるか信じないかにはかかわりなく、
イエス様は聖餐の中に臨在しておられます。
私たちの信仰が聖餐をつくりだすわけではありません。
聖餐をつくりだす(すなわち、聖餐を聖餐たらしめる)のは
神様の御言葉です。


どのようにしてイエス様がパンとぶどう酒の中におられるのかについて、
私たちルター派キリスト教信仰者は無理やり説明を試みようとはしません。
なぜなら、
聖書自身がそれについて何も語っていないからです。
私たちの好奇心がそのことについてもっと詳しく知りたいと思う場合でも、
聖書が明言している内容についてのみ語ることで満足するべきなのです。

(次回更新は8月になります。)

2017年6月5日月曜日

私たちは聖餐について何を信じていますか?(その3)

私たちは聖餐について何を信じていますか?(その3)


「「神の子」(イエス・キリストのこと)が
パンとぶどう酒の中に存在している」というのは、
単純すぎる迷信的な考えであると思われるものかもしれません。
天の御国において父なる神様の右の座におられるイエス様が
聖餐の中に臨在なさっていることや、
イエス様がいろいろな場所で行われている聖餐式に
同時に存在なさっていることを、
私たち人間の理性はおそらく理解しえないことでしょう。

こうした事柄を信じるのが困難であるのは、
私たちが聖餐式でイエス様にお会いしていることを
実感できないからでもあります。
イエス様がおられるならそれを感じるはずである、
と私たちは考えがちなのです。

しかし、私たちの理性や感情がどのようであろうとも、
神様の御言葉自体が何を言っているかを見つめて、
それを信じるべきなのです。
このようにすることで私たちは、
信仰を殺してしまう理性の乱用や、
私たちの信仰が自らの感情に左右されてしまう状態から
守られます。

信仰は神様の御言葉に基づくべきものです。
すなわち、
私たちは聖書が言っていることを信じる、ということです。
こうすれば、私たちの信仰は堅く保たれます。
神様の働きは私たち人間の感覚や理解に依存するものではありません。

2017年5月31日水曜日

私たちは聖餐について何を信じていますか?(その2)

私たちは聖餐について何を信じていますか?(その2)
  

どこからイエス様を見つけることができるのでしょうか?

病人が癒されたり、
人が霊に満たされて倒れたり、
などと特別なことが起きているところに、
イエス様はおられるのでしょうか?

それとも、
イエス様の存在を体感できる集会とか、
まれに見る優れた説教者がいるところに、
イエス様はおられるのでしょうか?

イエス様はそういったところにもおいでかもしれません。
しかし、少なくとも、
イエス様は聖餐の中に確実に存在しておられます。
なぜなら、
イエス様御自身がそのように約束してくださったからです。

あなたは聖餐式に行きなさい。
そうすれば、
あなたはイエス様と会うことができます。

あなたのかかえている事柄を聖餐式に携えていきなさい。
そして、それらの重荷をイエス様にあずけなさい。
そうすれば、
イエス様はあなたに、あなたが必要としているものをくださいます。

また、
イエス様に会いたい他の人たちも
聖餐式につらなるようにさそってください。

2017年5月17日水曜日

私たちは聖餐について何を信じていますか?(その1)

私たちは聖餐について何を信じていますか?(その1)

フィンランド語版著者 ヤリ・ランキネン(牧師)
日本語版編集・翻訳者 高木賢(フィンランド・ルーテル福音協会)

「主の聖餐について(De cena Domini)、
キリストのからだと血とは主の聖餐の中に
真に臨在しており(vere adsint)、
それを食する者たちに分け与えられる、
と(私たちの諸教会は)教えています。
そして、これとは異なって教える者たちを認めません。」
(「アウグスブルク信仰告白」第10条、ラテン語版、高木が訳出)。

「これは私のからだです。(中略)これは私の血です」
(「マタイによる福音書」26章26~28節)。

この御言葉によって主イエス様が言われたいのは、
イエス様自らが聖餐のうちに、
ほとんど目立たないかたちをとりながらも、
真に(vere)臨在しておられるということです。

「牧師が聖餐について正しく教えているかどうか、
どうしたら知ることができるのでしょうか?」、
という質問をある人から受けたルターは、
「あなたが聖餐を分け与えているときに
あなたの手に持っているものは何ですか?」
牧師に対して尋ねてみるように、その人に命じました。
聖餐というものがどれほど素晴らしいことであるかわかっているならば、
その牧師は「私は手にイエス様を持っています」と答えることでしょう。


イエス様は聖餐のパンとぶどう酒の中におられます。
それゆえ、
牧師は祝福された聖餐のパンとぶどう酒を高く持ち上げて、
それからそれらに対してひざまずくこともあります。
あるいは、
ルター派の礼拝の聖餐の部において、
礼拝参加者一同が「神の小羊」という歌を祈りつつ歌うさいに、
聖壇の中央にある聖餐のパンとぶどう酒の中におられるイエス様のみが
会衆の賛美の唯一の対象となるようにするために、
牧師が聖壇のわきに退くこともあります。