2022年8月4日木曜日

「ヤコブの手紙」ガイドブック 神様の御意思の下にへりくだりなさい

  

神様の御意思の下にへりくだりなさい

「ヤコブの手紙」4章7〜10節

 

これから扱う箇所には実行不可能な要求ばかりが列挙されている

と感じる人もいるかもしれません。

4つの節の中には実に10個もの奨励が含まれているからです。

 

しかしヤコブの基本的な考え方によれば、

これらの奨励に従うこともまた

神様の恵みの力によってのみ実現できることになります(4章7節)。

 

「主のみまえにへりくだれ。

そうすれば、主は、あなたがたを高くして下さるであろう。」

(「ヤコブの手紙」4章10節、口語訳)

 

上掲の節にあるように、

主の御心に対してへりくだることは

人が真の信仰生活を送るために欠くことのできない出発点です。

イエス様も次のように言っておられます。

 

「おおよそ、自分を高くする者は低くされ、

自分を低くする者は高くされるであろう。」

(「ルカによる福音書」14章11節、口語訳)

 

例えば、スポーツの分野で最高の成績を収めるためには

全力で練習に打ち込むことが必要不可欠であると考えられています。

ところが、こと信仰生活に関していうと

人間の側ではいっさい何もしなくても

自ずと信仰者の「聖化」が実現していくはずである

と考える人たちが少なからずいます。


これはまことに奇妙なことです。


もちろん私たちは真の信仰生活を送れることが

聖霊様からの働きかけのおかげであることを忘れるべきではありません。

しかしその一方で、

信仰生活を健全な状態に保つために

「特定の手段」を神様が用意してくださっていることも忘れてはいけないのです。


それには「恵みの手段」と呼ばれる「聖書、洗礼、聖餐」に加えて、

祈りやキリスト信仰者の間の交わりなども含めることができるでしょう。

私たちはこれらの手段を信仰生活のために存分に役立たせることもできますし、

それとは反対に、

それらを長い間利用しないままになることも起こりえます。

例えば、

祈りもせず聖書も読まず教会の礼拝にも参加しない人が

真の信仰生活を送れなくなったとしても何の不思議もありません。

 

人が「神様によって義とされること」(義認)と

「真の信仰生活を送るようになること」(聖化)とは

次の点で互いに異なるものとして区別しなければなりません。


私たちが神様によって義と認められることに関して

私たち自身の行いはまったく影響を及ぼすことができません。


しかしそれとは対照的に、

私たちが真の信仰生活を送れるようになるかどうかは、

私たち自身が神様の御意思に対してへりくだるかどうかに左右されます。


要約すると「聖化」とは、

キリストを救い主として信じるようになった人間が

残りの全人生をかけて実現していく過程のことなのです。

ですから、

私たち人間が神様の御意思に反抗して「聖化」を妨げることも起こりうるのです。

2022年7月27日水曜日

「ヤコブの手紙」ガイドブック 自己中心さは争いの種を撒き散らす(その2)

 自己中心さは争いの種を撒き散らす(その2)

「ヤコブの手紙」4章1〜6節

 

「不貞のやからよ。

世を友とするのは、神への敵対であることを、知らないか。

おおよそ世の友となろうと思う者は、自らを神の敵とするのである。」

(「ヤコブの手紙」4章4節、口語訳)

 

上掲の節にある「不貞のやからよ。」という表現は

旧約聖書の「契約の神学」と密接に関係しています。


旧約聖書の預言者たちは

イスラエルの民が神様に対して「不貞」であることを厳しく叱責しました。


イスラエルの民は「神の民」という重要な地位を与えられていたにもかかわらず、

神様が彼らと結んでくださった契約を一方的に破棄したからです。

このことは例えば

「ホセア書」13章や次の「エレミヤ書」の箇所にもよく表現されています。

 

「もし人がその妻を離婚し、

女が彼のもとを去って、他人の妻となるなら、

その人はふたたび彼女に帰るであろうか。

その地は大いに汚れないであろうか。

あなたは多くの恋人と姦淫を行った。

しかもわたしに帰ろうというのか」と主は言われる。」

(「エレミヤ書」3章1節、口語訳)

 

このようにイスラエルの民は

時と場合に応じて様々な国々と契約を結ぶことによって

幾度となく主なる神様を捨ててきたのです。

 

「邪悪で罪深いこの時代にあって、

わたしとわたしの言葉とを恥じる者に対しては、

人の子もまた、父の栄光のうちに聖なる御使たちと共に来るときに、

その者を恥じるであろう」。」

(「マルコによる福音書」8章28節、口語訳)

 

このイエス様の厳しい言葉は

主に対するイスラエルの民の不貞行為に関係しています。


イエス様の時代のユダヤ人社会では

離婚が特に多かったというわけではありませんが、

多くの人が離婚したのもたしかです。


当時のユダヤ教の専門家であるラビたちによる恣意的な律法解釈が

離婚するのを事実上正当化していたからです。


ここでイエス様は

イスラエルの民が主との契約を一方的に破棄して「離婚」するという

深刻な罪の中にあることを指摘しておられます。


神様との契約を破棄することは

神様がお遣わしになったメシアすなわち救世主を捨てることにもなります。


そしてここでヤコブは

新約の民であるキリスト信仰者も旧約のイスラエルの民と同様に

「不貞」の問題と無関係ではないことを強調しているのです。


他の一般の人々だけではなくキリスト信仰者もまた、

神様に敵対する諸力やこの世や悪魔とさえ行動を共にする

「契約」を結んでしまう誘惑をかつても今も受け続けてきました。


しかしキリスト信仰者は同時に二人の主人に仕えることはできません

(「マタイによる福音書」6章24節)。


そのような真似をすれば、ちゃんと前に進むことができなくなるからです。


にもかかわらず、多くの人は

そのような生き方を選んでしまっているようにも見えます。


旧約の民も預言者エリヤから次のような二者択一を迫られた時に

黙り込んでしまいました。

 

「そこでアハブはイスラエルのすべての人に人をつかわして、

預言者たちをカルメル山に集めた。

そのときエリヤはすべての民に近づいて言った、

「あなたがたはいつまで二つのものの間に迷っているのですか。

主が神ならばそれに従いなさい。

しかしバアルが神ならば、それに従いなさい」。

民はひと言も彼に答えなかった。」

(「列王記上」18章20〜21節、口語訳)

 

ヤコブは自分の伝えようとする考えの正しさを二つの引用によって強調しています。

一つ目の引用は次のものです。

 

「それとも、

「神は、わたしたちの内に住まわせた霊を、ねたむほどに愛しておられる」

と聖書に書いてあるのは、むなしい言葉だと思うのか。」

(「ヤコブの手紙」4章5節、口語訳)

 

この箇所は旧約聖書外典からの引用であるとも言われています。


次に挙げる二つ目の引用は旧約聖書の「箴言」3章34節からのものです。

 

「しかし神は、いや増しに恵みを賜う。

であるから、「神は高ぶる者をしりぞけ、へりくだる者に恵みを賜う」とある。」

(「ヤコブの手紙」4章6節、口語訳)

 

「ヤコブの手紙」4章5節の言う

神様が「ねたむほどに愛しておられる」「わたしたちの内に住まわせた霊」

とはいったいどのような霊なのでしょうか。


答えは二つ考えられます。

一つ目の答えは「聖霊様」です。

二つ目の答えは天地創造のときに神様が人間に賜った「命の息」です

(以下の引用箇所を参照してください)。

なお旧約聖書のヘブライ語では

「霊」と「息」とは同じ言葉(「ルーァハ」)で表現されます。

 

「主なる神は土のちりで人を造り、

命の息をその鼻に吹きいれられた。

そこで人は生きた者となった。」

(「創世記」2章7節、口語訳)

 

ユダヤ教の聖書学者たちは、

人間は死んだあとでその霊が命の授け主なる神様の御許に帰還していく

と教えました。


この解釈に従って「ヤコブの手紙」を読むと、

神様が御自分の被造物である人間全員に深い関心を注いでおられることや、

彼らのうちのただ一人として

悪魔の手に渡ってしまうのを望んではおられないことがはっきり伝わってきます。

 

一方、

「ヤコブの手紙」4章5節では聖霊様のことが語られている

と考える場合には、

キリスト信仰者が救い主に対して忠実であり続けることの大切さが

ここで強調されていることになります。

2022年7月4日月曜日

「ヤコブの手紙」ガイドブック 自己中心さは争いの種を撒き散らす(その1)

 自己中心さは争いの種を撒き散らす(その1)

「ヤコブの手紙」4章1〜6節

 

「あなたがたの中の戦いや争いは、いったい、どこから起るのか。

それはほかではない。あなたがたの肢体の中で相戦う欲情からではないか。」

「ヤコブの手紙」4章1節、口語訳

 

この節でヤコブはある特定の争いを指しているのか、

それともたんに修辞的な表現で問題を提起しているのかについては

研究者の間で意見が分かれているようです。

どちらの場合であったにせよ、

ヤコブがここで描写している教会の状態は実に暗澹たるものです。

これは当時の教会の実情をよく反映していました。

残念なことに、現代の教会の状況も当時とそれほど変わっていないと思います。

 

教会の抱えるこの問題の原因のひとつとして

ヤコブは人間の自己中心さを挙げています。

ここで言う「自己中心さ」とは、

人が自分に利益をもたらすことばかりを追い求め、

教会にとって有益なことには見向きもしないことです。

他の人を妬む心は多くの人間の抱えている問題であるとも言われます。

「妬み」とは、

自分も何かしらは得ているということでは満足できず、

他の人と比べると自分だってもっともらえるはずなのに

そうなっていない不満を訴える心のことです。

 

ところで、あるキリスト信仰者は次のように祈りました。

「どうか私たちに

他の人々が受けている祝福を素直に喜べる心持ちと、

他の人々が祝福を受けることで

私たちが彼らから何かを奪われるのではないことを

冷静に理解する心をお与えください」。

このような健全で公正な態度を教会は絶えず必要としています。

 

「求めても与えられないのは、

快楽のために使おうとして、悪い求め方をするからだ。」

(「ヤコブの手紙」4章3節、口語訳)

 

この節でヤコブは、

神様からの答えをいただけない祈りもあるというテーマを扱っています。

次に引用するイエス様の教えがこの背景にあるのは確実だと思われます。

 

「求めよ、そうすれば、与えられるであろう。

捜せ、そうすれば、見いだすであろう。

門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。

すべて求める者は得、捜す者は見いだし、

門をたたく者はあけてもらえるからである。」

(「マタイによる福音書」7章7〜8節、口語訳)

 

神様はすべての祈りに答えてくださるはずではないのでしょうか。

祈り求める者たち皆が望み通りの祈りの答えを得るとはかぎらないのは

いったいどうしてなのでしょうか。

この疑問に対してヤコブは

「あなたが自分の欲望を満足させるためだけに何かを神様から祈り願う場合、

神様は善なる御意思により、あなたにそれをお与えにはならない」

と答えます。

それとまったく同じことをイエス様御自身も教えておられます。

 

「そこでわたしはあなたがたに言う。

求めよ、そうすれば、与えられるであろう。

捜せ、そうすれば見いだすであろう。

門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。

すべて求める者は得、捜す者は見いだし、

門をたたく者はあけてもらえるからである。

あなたがたのうちで、父であるものは、

その子が魚を求めるのに、魚の代りにへびを与えるだろうか。

卵を求めるのに、さそりを与えるだろうか。

このように、あなたがたは悪い者であっても、

自分の子供には、良い贈り物をすることを知っているとすれば、

天の父はなおさら、求めて来る者に聖霊を下さらないことがあろうか」。」

(「ルカによる福音書」11章9〜13節、口語訳)

 

よい父親は我が子にパンの代わりに石を与えたりはしないし、

魚の代わりに蛇を差し出したりもしないものです。

ともすると私たち人間は

自分にかえって害となるようなものを祈り願うものです。

ですから、

神様がそのようなものを私たちにお与えにならないのはよいことなのです。

 

そもそも祈りとは、

祈る者自身の欲求や快楽を追求するための手段ではありません。

真の祈りには常に

「神様、どうかあなたの御心がなりますように!」

という祈りが含まれています。

 

神様から答えをいただけない祈りはありません。

神様は各人の祈りを聴いてそれに答えてくださいます。

しかし、その答えは

いつも私たちの期待している通りのものとはかぎらないのです。

神様は「よし!」と答えてくださるときもあれば、

「否!」と言われるときもあり、

「まだだ!」とか「待て!」と返答してくださる場合もあります。

この「ヤコブの手紙」ガイドブックの著者にとって

個人的に一番苦手な答えは「待て!」です。

「否!」と言われるほうが「待て!」という答えよりも好ましいくらいです。

だめであることがはっきりすれば、

この祈りの件はとりあえず片付いたことになるからです。

2022年6月15日水曜日

「ヤコブの手紙」ガイドブック 真の知恵と幻想の知恵(その2)

 真の知恵と幻想の知恵(その2)

「ヤコブの手紙」3章13〜18節

 

ヤコブは二つの異なる知恵を提示します。

それらの知恵は互いに異なる源に由来し、

人間の振る舞いに対して相反する影響を及ぼし、

それらがもたらす最終的な結果も対照的なものになります。

 

真の知恵は神様から与えられるものです(3章15節)。

それによって人は良い人生を歩めるようになります(3章13節)。

真の知恵は良い実を結びます。

 

「しかし上からの知恵は、第一に清く、次に平和、寛容、温順であり、

あわれみと良い実とに満ち、かたより見ず、偽りがない。」

(「ヤコブの手紙」3章17節、口語訳)

 

上掲の箇所に挙げられている良い実の数々は

パウロの「ガラテアの信徒への手紙」5章22〜23節にある

霊の実の一覧表とよく似ています。

 

それに対して、

この世的な偽りの知恵は悪魔や悪霊に由来するものです(3章15節)。

この知恵の結果として党派心や恨みや妬みが生じてきます(3章14節)。

最終的にそれは「混乱とあらゆる忌むべき行為」(3章16節)を実らせます。

 

妬みや恨みは人間の心の中にある最も破滅的な感情であるとも言えます。

これらはすべてのことを悪い方へ悪い方へと変えてしまうので、

どのようにしてもこれらの感情を落ち着かせることができなくなります。

 

それとは対照的に、

平和は祝福を自分にだけではなく隣り人にももたらしてくれます。

 

「義の実は、平和を造り出す人たちによって、

平和のうちにまかれるものである。」

(「ヤコブの手紙」3章18節、口語訳)

 

教会史は神学論争などの様々な争いがきっかけとなって

教会が多くの分派や異端に分断されてきた歴史であるとも言えます。

すでに最初期のキリスト教会においても

互いに異なる神学的な見解が相争う状態になっていました。

その中でヤコブ自身もまた教会形成に携わっていたのです

(「使徒言行録」15章13〜21節)。

不幸にして教会が分裂してしまうときに、

どの分裂が人間同士の不毛な争いから生じたものであり、

どの分裂が聖書に忠実な教義を保つために止むを得ず起きたものなのか

ということを見極めるのは決して容易ではありません。

ともあれ、

誰かがそれまで自分が所属してきたキリスト教会の内部あるいは外部に

独自の分派を立ち上げようとするとき、

それに対しては注意深く慎重な態度をとる必要があります

(「ヤコブの手紙」3章14節)。

 

上掲の3章17節には「上からの知恵」のもたらす様々な実が記されており、

知恵は「かたより見ず、偽りがない」という二つの否定文で終わっています。

「かたより見ない」という表現はギリシア語では「アディアクリトス」といい

「疑念を抱かない」という意味です。

ヤコブはこの言葉で宗教的な疑念のことを指しているのではありません。

口語訳での「かたより見ず」というのは適切な訳であると言えます。

なぜなら、疑念を一切伴わない強靭な宗教心ではなく、

正義や公正さそのものがここでのテーマになっているからです。

このような知恵は

例えば「箴言」(3章27〜35節)で描写されている知恵とよく合致します。

そして「偽りがない」という表現は、

人が正直であろうとすることや、自分のありのままの姿を飾らずに示すことを

意味しています。

私たちはともすると他の人々から好感をもってもらえるように

うわべを取り繕って振る舞うことが賢明であるかのように

思いがちなのではないでしょうか。

ところが、ヤコブは私たちにこの点でも正直であるように奨励しています。

もちろんヤコブが以前に指摘したように、

正直さとは

他の人について自分が考えていることをそのまますべて口に出してしまう

という意味ではありません。

ヤコブが言いたいことは、

私たちが実際に自分で考えているのとはちがうことを口にするべきではない

ということです。

2022年6月8日水曜日

「ヤコブの手紙」ガイドブック 真の知恵と幻想の知恵(その1)

 真の知恵と幻想の知恵(その1)

「ヤコブの手紙」3章13〜18節

 

多くの現代人にとって「深い知恵」と「高い知能」は

ほぼ同義語になっているのではないでしょうか。

しかし聖書の考え方はそれとは異なるものです。

例えば旧約聖書には「知恵文学」と呼ばれる書物群があります。

その一つである「箴言」において「知恵」とは

人生についての深い体験や洞察を含むものです。

「ヤコブの手紙」も次のように教えています。

 

「あなたがたのうちで、知恵があり物わかりのよい人は、だれであるか。

その人は、知恵にかなう柔和な行いをしていることを、

よい生活によって示すがよい。」

(「ヤコブの手紙」3章13節、口語訳)

 

聖書の意味する「知恵」は人間の知能の程度によってではなく

態度や振る舞いによって測られるものです。

ヤコブが強調しているのはまさにこのことです。

真理が心の中に宿っていることが

知恵ある人としての必要不可欠な条件であることを次の聖句は教えています。

 

「しかし、もしあなたがたの心の中に、

苦々しいねたみや党派心をいだいているのなら、

誇り高ぶってはならない。

また、真理にそむいて偽ってはならない。」

(「ヤコブの手紙」3章14節、口語訳)

 

抜け目のなさや他の人を自分の目的のために利用することは

真の知恵などではありません。

「箴言」は知恵の源について次のように述べています

(なお「箴言」2章1〜19節には

「知恵」についてのより詳しい説明があります。)。

 

「主を恐れることは知識のはじめである、

愚かな者は知恵と教訓を軽んじる。」

(「箴言」1章7節、口語訳)

2022年6月2日木曜日

「ヤコブの手紙」ガイドブック 少しのパン種でも粉全体をふくらませる

 少しのパン種でも粉全体をふくらませる

 

「また船を見るがよい。

船体が非常に大きく、また激しい風に吹きまくられても、

ごく小さなかじ一つで、操縦者の思いのままに運転される。

それと同じく、舌は小さな器官ではあるが、よく大言壮語する。

見よ、ごく小さな火でも、非常に大きな森を燃やすではないか。」

(「ヤコブの手紙」3章4〜5節、口語訳)

 

上掲の節には船の航路を決める「ごく小さなかじ」や

大火事を引き起こす「ごく小さな火」が出てきます。


これらのイメージは古典古代のギリシア語文献ではよく知られたものであり、

そこでは人間の魂や精神の力が自然の力よりも優れていることを

表現するために使用されています。


それに対して「ヤコブの手紙」はこれらのイメージによって、

ごく小さいことが大きな害を招く場合があることを示そうとしています。


私たち人間を外側から汚そうとする「悪」があります。

しかし、私たち人間に内在している「悪」もあるのです。

このことを言葉の使用による罪は私たちに思い起こさせます

(「マタイによる福音書」15章10〜29節も参考になります)。

イエス様は「おおよそ、心からあふれることを、口が語るものである。」

と言っておられます(「マタイによる福音書」12章34節より、口語訳)。

 

人がキリスト信仰者として生きていくことは、

たんにその人の生活の一部に限定されるものではなく

全人生にかかわるものです。

そのことをヤコブは読者に伝えようとしています。

 

言葉の使用に関するヤコブの教えは、

人が日常の中で話していることが

その人のキリスト信仰者としての本当の質を表している

という考えに通じるものです。

 

「神は彼らを祝福して言われた、

「生めよ、ふえよ、地に満ちよ、地を従わせよ。

また海の魚と、空の鳥と、地に動くすべての生き物とを治めよ」。

(・・・)主なる神は人を連れて行ってエデンの園に置き、

これを耕させ、これを守らせられた。」

(「創世記」1章28節、2章15節、口語訳)

 

旧約聖書冒頭の天地創造の記述で強調されているように、

神様によって人間は被造物世界を指導し支配する地位に任命されています。

人間と他の生物たちとの間には本質的な相違があります。

それをわかりやすく示しているのは、

人間が言葉で話すことができるという点です。

 

「しかし、あなたの目が悪ければ、全身も暗いだろう。

だから、もしあなたの内なる光が暗ければ、その暗さは、どんなであろう。」

(「マタイによる福音書」6章23節、口語訳)

 

上掲の箇所で言われているように、

神様からいただいた素晴らしい賜物を神様の御意思に反する目的で使用するとき、

人間は深い闇に覆われてしまいます。

この闇は神様に敵対する者に由来しています。

言葉を話せるという賜物についても同じことが言えます。

 

「舌は火である。

不義の世界である。

舌は、わたしたちの器官の一つとしてそなえられたものであるが、

全身を汚し、生存の車輪を燃やし、自らは地獄の火で焼かれる。」

(「ヤコブの手紙」3章6節、口語訳)

 

上掲の箇所に出てくる「地獄」とはギリシア語原文では「ゲエンナ」といい、

旧約聖書では「ケデロンの谷」を指しています。

この谷ではユダのシデキヤ王の時代に

人間の子どもたちが偶像への生贄として焼かれたのです

(「エレミヤ書」32章35節)。

 

上掲の箇所にある「生存の車輪」という言葉

(ギリシア語では「ホス・トゥロコス・テース・ゲネセオース」)で

ヤコブは何を言いたいのでしょうか。


例えばヒンドゥー教ではこのような表現には

「魂の輪廻転生」といった意味が付与されています。


それに対して、ヤコブの神学においてこの言葉は

「人間の全人生における歩み」を比喩的に表している

と理解することができるでしょう。

 

「わたしたちは、この舌で父なる主をさんびし、

また、その同じ舌で、神にかたどって造られた人間をのろっている。」

(「ヤコブの手紙」3章9節、口語訳)

 

この箇所の最後でいくつかの自然からとった具体例によって

ヤコブが示しているのは、

同じひとりの人間が祝福の言葉と呪いの言葉とを同じ口から発するのは

決して正常な状態ではないということです。

 

「わたしの兄弟たちよ。

いちじくの木がオリブの実を結び、

ぶどうの木がいちじくの実を結ぶことができようか。

塩水も、甘い水を出すことはできない。」

(「ヤコブの手紙」3章12節、口語訳)

 

「創世記」1章11〜12節にもあるように、

それぞれの木はその種に特有な実を結びます。

また、汚水の入った大きな容器の中身は、

たとえそこに一リットルのきれいな水を加えても飲めるものにはなりません。

その一方で、

一リットルの汚水をきれいな水のたくさん入った容器に加えると、

容器内の水は飲めないものになってしまいます。


例えば、

私たちが互いに異なる二通りの態度を相手に応じて使い分けていることを

他の人々が気づいた場合に、

彼らはいったいどちらが本来の私たちの姿を表しているのか判断できずに

困惑することになるのではないでしょうか。

残念なことに、上の汚水の例と同じく人間の場合にも、

ごく少量の悪い部分が他のたくさんの良い部分も汚染してしまうのです。


またその逆のケースとして、

ある人にたとえ少しばかり良い部分があったとしても、

それによって他の大量の悪い部分を打ち消すことはできません。