2012年5月30日水曜日

「ヨハネの黙示録」ガイドブック 第9回目の終わりのメッセージ


 
終わりのメッセージ

働いている人々
 
  
仕事は、人を疲労させます。
多くの人は、仕事人生の半ばで疲れ果てたり、病気になったりします。

救い主は、
「働いている人々や重荷を負っている人々」を招いておられます。
実のところ、これらの言葉は深い意味をもっています。
元々「仕事」という言葉は、仕事で疲れることも意味していました。
イエス様も「旅で疲れた」ことがあります
(「ヨハネによる福音書」46節)。
旅をすることが疲れる仕事である場合もあります。
多くの人は、人生の旅の途中で疲れてしまいます。
目標と意義を人生に見出せない場合には、
人生が重苦しいものになってしまうのです。
  
「重荷を負っている人々」とは、
自分で担うことができないほどの重荷が
肩の上に乗せられている人々のことです。
イエス様の時代の宗教的な指導者たちは、
他の人々の上に「担うのが難しい重荷」を押し付けました。
  
このような重荷を負っている旅に疲れた人々を、
イエス様は御許に招いておられます。
イエス様は重荷を増したりはなさいません。
逆に、彼らの重荷を取り去ってくださいます。
罪の呵責が罪の赦しによって取り去られると、
人生の歩みと重荷は軽いものになります。
イエス様が愛の絆によって彼らを御自分に結んでくださるので、
彼らは歩みつづけることができます。
我が家へと向かって。
   
それゆえ、クリスチャンとして生きていくのはよいことなのです。
 
    
(ラウリ コスケンニエミ 「恵みは近くに」)
 
 


0 件のコメント: