2012年3月30日金曜日

「ヨハネの黙示録」ガイドブック 11章15~19節 権能を手にされる神様

 
権能を手にされる神様 111519
  
 
第七の天使がラッパを吹き、
この世界の時間(あるいは時間の世界)は終わりを告げます。
御自分の全能を公に示された神様が天国で賛美を受けられます。
神様は今でも全能ですが、
終わりの日に、皆の目の前で、
「すべての権能」を御自分のものとされます。
それは、あらゆる悪の終焉を意味します。
そして、神様が支配なさる永遠の世界が始まります。
しかしその前に、最後の裁きが来ます。
18節はそれについて語っています。
神様に属する人々には「褒美」が待っています。
とはいえ、その褒美は、
人々に各々その行いに従って与えられるものではありません。
皆が同じ褒美をいただきます。
すなわち、
イエス様が私たちのために「購入」してくださった永遠の命を、
神様に属する人々は最後の日にいただく、
ということです。
最後の裁きには、もうひとつの選択肢があります。
すなわち、
この褒美をもらえない者たちは、
苦しみが永遠につづく滅びの世界に入る
ということです。
この宣告は、神様に属さない人々にあてはまります。
 

0 件のコメント: