2012年3月19日月曜日

「ヨハネの黙示録」ガイドブック 11章1~2節 神殿を測るヨハネ(その1)


ヨハネの黙示録11

神殿を測るヨハネ 1112節(その1)
  
 
ヨハネは杖を手に与えられ、神殿を測るように命じられました。
この命令は普通の意味での計測だけではなかったはずです。
それにはメッセージが含まれていました。
「ゼカリヤ書」には、都市エルサレムを測る幻が語られています
(「ゼカリヤ書」259節)。
「私はそれ(エルサレム)を取り囲む火の城壁となる」、
と幻の中で神様は約束されています。
神様は都市を守ると約束なさっているのです。
これと同じ考えが「ヨハネの黙示録」にもあるように見受けられます。
「神殿が測られる」というのは、言い換えれば、
神様は神殿を破壊から守る約束を与えておられる、
ということです。
神殿を測ることによって、
神殿は保護を受けための目印を付けられるのです。
「ヨハネの黙示録」の7章でも、
「神様は印を受けている者たちを、
世界を揺り動かす嵐の中で守ってくださる」、
と語られています。
  
それでは、神様が守られるこの「神殿」とはいったい何でしょうか。
それはエルサレムの神殿ではありえません。
ヘロデ大王の建てさせたこの壮麗な神殿は
「ヨハネの黙示録」が書かれた頃にはすでに破壊されていたからです。
イエス様が予言された通りに、
ローマ軍は西暦70年に神殿を粉砕し、地面にばら撒きました
(「マタイによる福音書」2412節など)。
あとに残されたのは「嘆きの壁」だけでした。
「神様の神殿、祭壇、およびそこでひざまずいている者たち」とは、
キリストの教会、この世における神様の民を意味しているのでしょう。
新約聖書の他の箇所でも神様の教会は「神様の神殿」と呼ばれています
(「コリントの信徒への第一の手紙」316節、
「エフェソの信徒への手紙」221節)。
1節に込められたメッセージは次のようなものでしょう、
「たとえ悪魔が力の限りを尽くして攻撃してきても、
キリストの教会は滅びません。
神様は教会が活き続けるようにしてくださいます」。
イエス様も同じ約束をしてくださっています、
「この岩の上に私は自分の教会を建てます。
ハデスの門もそれに打ち勝つことがありません」
(「マタイによる福音書」1618節)。
これはしかし、
に存在する各地の教会は死ぬことがないとか、
クリスチャンは決して信仰を捨てない、
という意味ではありません。
これについては、「ヨハネの黙示録」の最初の数章に、
そういうことが本当に起こりうる、
というさまざまな実例が記載されていることからもわかります。
しかし、
世界に広がるキリストの教会は全体としては死ぬことがありません。
イエス様が栄光に包まれて地上に再臨される時にも、
少なくともどこか世界の片隅には、
生き生きとしたキリスト教会が存在していることになります。
悪魔が教会全体を破壊することがないように、
神様は御自分に属する人々を守っておられるのです。
 
 

0 件のコメント: