2014年3月7日金曜日

「ローマの信徒への手紙」ガイドブック 人類の誤謬のもたらしたもの(その2)


人類の誤謬のもたらしたもの(その2)
 
  
フィンランドでは、パウロの用いた「取り替える」
2526節にでてくる動詞、ギリシア語でメタラッソー)という言葉に、
この箇所の解釈の鍵を求める人たちがいます。
それによれば、
この箇所で裁かれているのは、
故意に自分の性的な傾向を変更した同性愛者だけであり、
もともと性的なアイデンティティーが同性愛的である人々に対しては
この箇所は適用されない、
というのです。

このような解釈が見当違いであることは、
パウロが偶像礼拝に関しても
「取り替える」ことについて語っていることからもわかります。

パウロがここで意味しているのは、
異邦人は各々、活ける神様に仕えるのをやめて、
例えばユピテル(古代ローマの宗教の主神)を礼拝するように
故意に態度を変更した、
ということではありません。

また、
故意に礼拝の対象を変更した人々だけが
偶像礼拝の罪によって罰せられる、
という意味でもありません。

パウロは、あらゆる同性愛の性的関係を、
結婚以外の異性間の性的関係とまったく同様に、
断固として否定しています。


0 件のコメント: