2013年1月30日水曜日

「ヨハネによる福音書」ガイドブック 5章30~45節 イエス様のお話が本当であることの証明



イエス様のお話が本当であることの証明 53045

イエス様のお話は、ユダヤ人の耳目を驚かすものでした。
イエス様は真実を語っておられる、
聴き手はどうして知ることができるのでしょう。
それについては、次に述べるように、証人も証拠もたくさんありました。
  
1)洗礼者ヨハネが、イエス様について証しました。
これについては、すでに1章と3章でみたとおりです。
 
2)イエス様の「しるし」のみわざが、
イエス様が神様の遣わされた方であることを示しています。
こう断言できる背景には、たとえば「イザヤ書」35章があります。
 
3)神様御自身が、
御言葉(私たちの用語では旧約聖書)の中で
イエス様について証しておられます。
   
これらの証拠や証人は、
イエス様の権威を認めて、それを告白し、イエス様を信じるために、
十分な理由であったはずです。
ところが、ユダヤ人たちはそうは考えませんでした。
そのせいで、彼らは命にあずかることができなくなりました。
上に挙げたすべての証拠や証人は、
非常に興味深いかたちで、旧約聖書の出来事に結びついています。
また、すべての福音書において見られるように、
洗礼者ヨハネは特別な立場にあります。
イエス様の行われた奇跡は、
一人一人の人を癒すことや、
そのみわざを目にした人々に名状しがたい独特なインパクトを与えること
だけには留まらない、深い意味をもっていました。
それらは、
イエス様の御自分について語られたことの正しさを示す
証書だったのです。
とりわけ第三番目の証人が一番大切です。
神様御自身が、イエス様について
実に旧約聖書で証しておられるからです。
このようにして、イエス様と使徒たちは旧約聖書を読みました。
ユダヤ人たちは、
たとえば「モーセ五書」[1]の中から
イエス様を見出すことができませんでした。
そのことを考慮して、初期の教会は、
キリストを聖書全体を読み解く鍵として提示しました。
  
ただし、あることがらに関しては、
イエス様とユダヤ人と初期の教会との見方が一致していました。
それは現在ではしばしば否定されている見方でもあります。
3740節で、御父の証と旧約聖書の御言葉とが同一視されている、
というのがそれです。
聖霊様が使徒や預言者を通して語られたこと、
また、それゆえに全聖書が神様の御言葉であることを、
教会は証します。
これを認めずに疑問に付す者は、教会の外に出てしまっているのです。
 


[1] 旧約聖書の最初の5つの書物。
「創世記」、「出エジプト記」、「レビ記」、「民数記」、「申命記」のこと。

0 件のコメント: