2012年2月29日水曜日

「ヨハネの黙示録」ガイドブック 9章1~12節 第五のラッパ(その2)

 
第五のラッパ 9112節(その2)
  
 
イナゴは五ヶ月の間、跳梁跋扈し、人々に苦痛を加えることを許された、
とヨハネは聞きます。
「五ヶ月」という期間は、
イナゴに与えられている時間が限られたものであること意味しています。
何時イナゴが暴れ出し、何時その騒乱が収まるかは、
神様が決めておられます。
悪には、神様が定められた時間が与えられています。
神様は全能であり、世界の出来事は神様の決定に基づいて進行します。
  
人々はイナゴの攻撃で苦しめられます。
にもかかわらず、人々は悔い改めて神様に助けを求めたりはしません。
彼らはただ死を望むばかりです。
しかし、その死は彼らには与えられません。
人類に降りかかる悪には、それでもよい目標があります。
神様が人々を様々な方法で揺り動かされるのは、
それにより、できるかぎり多くの人が
活きておられる神様と救いとを見出すようになるためなのです。
おそらく、まさにこうした理由から、
神様は人々がこの段階で死なないようになさるのでしょう。
死は「恵みの時」[1]の終わりを意味します。
神様は、人々が救い主への信仰をもたないまま死ぬことを、望まれないのです。
  
710節でヨハネは、
彼が目にしたイナゴがどのようなものか、描写しています。
その形状に現代の戦車や戦闘機を読み取る人々がこれまでいました。
ヨハネが幻の中で現代兵器による戦争を目撃したというのは、
ありうることです。
もちろん悪魔は、その活動手段として、
滅びをもたらすあらゆることを利用するでしょう。
しかし、より真実に近いと思われる解釈は、
イナゴは、
イエス様の再臨の前に世界を騒乱に陥れる悪魔的な諸力をあらわしている、
というものです。
それらの力は強大で、それゆえ恐るべき悪魔の手先であり、
世界を破壊し、地上の住民に苦痛を与え、あらゆるしわざを仕組んできます。
そうすることで、それらは
人々を神様からできるかぎり遠ざけてしまおうとします。
それらは具体的には、
思想であったり、支配者であったり、他の諸力であったりします。
悪魔はそれらのものを、神様や神様に属する人々に対する戦いに利用します。
これらの諸力は、神様が許される限りにおいて、
世界に争乱を巻き起こすことが許されています。


[1] 罪を悔いイエス様を信じることがまだ可能な期間のこと(訳者註)。

0 件のコメント: