2012年11月23日金曜日

「ヨハネによる福音書」ガイドブック 2章1~12節 カナの婚礼 2章1~12節



燃え広がる神様の火

「ヨハネによる福音書」2


カナの婚礼 2112

「ヨハネによる福音書」が記す最初の奇跡は
他の福音書には書かれていません。
舞台はガリラヤのカナという町です。
婚礼ではご馳走がたくさん出ました。
ところが、祝宴の途中でぶどう酒が足りなくなってしまいます。
新郎新婦の婚礼の祝宴が台無しにならないように、
イエス様は600リットルもの水を
最上のぶどう酒に変えてくださいました。
弟子たちはイエス様の栄光を見てイエス様を信じた、
と福音書は記しています。
  
この奇跡は私たちに何を教えてくれるでしょうか。
旧約聖書では、ぶどう酒は象徴的な意味をもっています。
あふれるばかりの豊かさと祝宴とは、
神様がプレゼントしてくださる不思議な救いのひとつです
(「創世記」49812節)。
イエス様はカナでの婚礼の祝宴を救われました。
おそらく「ヨハネによる福音書」が言いたいことは、
神様の民の只中には今や力強い救い主がおられる、
ということでしょう。
もうひとつこの奇跡の出来事から学ぶべきことは、
注目されることがほとんどありません。
それは、
イエス様が若夫婦と彼らの婚礼の祝宴にどのような態度で臨まれているか、
ということです。
たしかにイエス様は、何人かの人々に対しては、
彼らがすべてを捨てて御自分に従うように召されました。
しかし「家族」そのものを軽んじておられたわけではないのです。
それとは逆に、
普通の家族生活はイエス様から確実に祝福をいただける生き方なのです。

アルコールの過度の使用によって家庭や社会などで
様々な問題が起きてきたフィンランドでは、
聖書がぶどう酒に対してどのような立場を取っているか、
きちんと確かめてみる必要があります。
酩酊するのは重い罪ですが、
アルコールを一切取らないという絶対的な態度を
聖書は要求してはいません。
このことに関してもまた他のことに関しても
自制することは非常に好ましい生活態度です。
しかし、それを他の人にも要求してはいけません。
このように狭い道の門の柱は両側に立てられているのです。
自己の良心に反して行動するのはまちがいですし、
結局は自分をだめにしてしまいます。
  

0 件のコメント: