2011年11月28日月曜日

「ヨハネの黙示録」ガイドブック 4章1~11節 天国訪問(その2)


 
天国訪問 4章1~11節(その2) 
 
 
宝石は不思議な色で光り輝きます。
それら宝石を(象徴として)用いて、
ヨハネは御座に着かれている天と地の主を描いています。
全能者の周りには24人の長老が白い衣を身にまとい、
金の冠を頭にかぶっていました。
彼らが誰なのか、私たちは知りません。
おそらく彼らは
神様の御座で特別な任務を受けている天使たちなのでしょう。
旧約の時代には、
イスラエルの民は
ヤコブの12人の男子に呼応して
12の部族に分かれていました。
新約の基盤は使徒的な信仰です。
そして、使徒は12人いました。
長老の人数は神様が結ばれた二つの契約を想起させます。
  
神様の御座の周りには、
体中が目だらけの四つの生き物がいました。
「エゼキエル書」1章には
これと似たような幻についての記述があります。
これらの生き物が何者か、
またしても確実なことは言えません。
おそらく天使ではないかと思われます。
生き物たちのもつ夥しい数の目は、
神様に対しては何も隠し立てできないこと
をあらわしているのでしょう。
生き物たちの目があらゆるところに向いているのと
ちょうど同じように、
神様はすべてをご覧になります。
全知全能の神様は、
すべてを見ておられ、
すべてを知っておられるのです。
  
後世のクリスチャンは四人の福音書記者を
ヨハネの見た生き物として表現しました。
マルコはライオン、ルカは雄牛、ヨハネは鷲、
マタイは人間の顔を持った生き物、としてです。
  
8節~11節で、ヨハネは天国での礼拝を描きます。
生き物たちは全能の神様に賛美を歌います。
「聖なるかな」という言葉が三回繰り返されます。
神様が三位一体のお方だからです。
御父に「聖なるかな」、
御子に「聖なるかな」、
御霊に「聖なるかな」、
というように。
天国での礼拝は神様の偉大さを力強く証しています。
天国の一群は全能者の御前にひれ伏し、
この方こそがすべての栄光を有される主なる神様です、
と告白します。
天国の民が絶え間なく礼拝を続けていることからもわかるとおり、
神様はまことに大いなるお方なのです。

0 件のコメント: