2013年9月18日水曜日

「ヨハネによる福音書」ガイドブック 16章4b~16節(その2)



164b~16節(その2)


聖霊様のみわざについての教えは、
私たちルター派のキリスト信仰者にとって愛着のある、
大切な信条のひとつです。
人間自身の行いや努力が 結果を最終的に左右する、
と考える信者のグループがあります。
人間に必要なのは、
自分自身で信仰の決断をすることと、
神様の御許に留まりつづける能力だ、
というのです。
ルター派のキリスト信仰者は、
「使徒信条」の中の聖霊様についての信条について、
次のように告白します、
「私は、自分の力では
主イエス・キリストを信じることができず、
その御許に行くこともできません。
聖霊様が私を、福音を通して招いてくださったのです。
このことを私は信じます」。
こう言うときに、私たちは
神様の招きを傲慢に拒もうとはせず、
逆にへりくだって、
「もしも神様が御霊によって私のことを
「御自分のもの」とみなしてくださるのでなければ、
私には信仰者になる力も、
一日たりとも正しい信仰に留まる力もありません」、
と告白していることになります。
このようにして、
人間の弱さを知っているキリスト信仰者が
安らぎを得ることができるのはよいことです。

0 件のコメント: