2013年9月11日水曜日

「ヨハネによる福音書」ガイドブック 第15回目の質問



「ヨハネによる福音書」151節~164

15回目の質問


イエス様はぶどうの木です。
イエス様とつながることによってのみ、人は救われます。

1)イエス様はぶどうの木について話されます。
旧約聖書のどの箇所がこの教えの背景にあるのでしょうか。

2)私たちはしばしば、
頭の知識と、真のキリスト信仰者の生活とを、
正反対なものとみなしています。
「ヨハネによる福音書」15章に基づいて、
このような考え方が正しいかどうか判断してください。

3)私たちはしばしば、
愛と、聖書に書かれている御言葉に従うこととを、
区別して考えがちです。
しかし、今イエス様はこう言われます、
「もしもあなたがたが私の戒めに従うならば、
あなたがたは私の愛の中に留まっています。
ちょうど私が天のお父様の戒めに従い、
その愛の中に留まっているのと同じように」。
この御言葉を聞いて、
あなたがたにはどのような考えが浮かびますか。

4)この世は御自分に属する人々を憎んでいる、
とイエス様は言われます。
この御言葉が明瞭に実現したのを、
いつ見たことがあるか、考えてみてください。

5)いつ教会は、最も多くの犠牲者の血を流した迫害を受けましたか。
キリスト教徒たちが今一番生きていくのが難しいのは、
どのような場所でしょうか。

0 件のコメント: