2012年8月27日月曜日

「ヨハネの黙示録」ガイドブック 20章1~6節 千年王国(その1)


 
「ヨハネの黙示録」20
  
千年王国 2016節(その1)
  
 
ヨハネは、鍵と鎖を手に持っている天使を見ます。
天使は悪魔を縛り、深淵へと投げ込みます。
「悪魔は千年の間縛られているが、
その後自由にされて、しばらくの間暴れる機会を与えられる」、
とヨハネは語ります。
それからヨハネは、この世で獣に仕えなかった人々を見ます。
彼らは生き返り、イエス様と共に千年の間支配します。
「これは第一の復活である」、とヨハネは言い、
この復活にあずかった者たちを祝します。
彼らに対しては、「第二の死」は何の力もありません。
14節には、「第二の死は地獄を意味している」、とあります。
この地獄に、悪魔とその僕たちはいつか投げ込まれるのです。
第一の復活でよみがえる人々には、地獄に落ちる危険はありません。
  
千年王国のイメージについては、さまざまな説明が試みられてきました。
いわゆるキリアスト(千年至福説支持者)たちは、千年王国を、
最後の裁きに先立って千年間続く「楽園のような時代」ととらえています。
それによると、
この時代には悪魔は世で活動することができず、
それゆえ、地上には悪魔が引き起こす悪いことも存在しません。
悪魔は縛られているため、皆が安心して生活できます。
イエス様を信じて死んだ人々は墓からよみがえって、
イエス様と共に世界を支配します。
このキリアストの説明の問題点は、
新約聖書は他の箇所で地上の楽園について語っていない、
ということです。
たとえば、弟子たちになされた終末の時に関する長いお話の中で、
イエス様は「地上に到来する至福の時代」について
一切言及されていません(「マタイによる福音書」24章、
「マルコによる福音書」13章、「ルカによる福音書」21章)。
むしろ新約聖書は、
「世は悪化の一途を辿り、
キリストが再臨なさる最後の日になって、ようやく世の悪は止む」、
と教えています。
こうした理由から、
教父アウグスティヌスやルターなどは、この千年至福説を否定しました。
アウグスティヌスは、
「千年王国というのはキリストの教会のことである」、
と考えました。
教会は、
悪魔のわざを無効にしてくださったイエス様の勝利を宣べ伝えます。
教会の宝は、
人々を悪魔の支配から解放する福音です。
悪魔は神様が許可されることだけを行うことができるので、
たしかに「悪魔は捕縛されている」、と言えます。
教会が自由に福音を伝えられる地域では、
悪魔は鎖につながれ、深淵に投げ入れられています。
アウグスティヌスによれば、
「千」という数字は文字通りに受け取るべきではありません。
それは、
ペンテコステに始まりイエス様の再臨の時に終わる
キリストの教会の時代を描いています。
ルターは、
千年王国のイメージに関するこのアウグスティヌスの解釈に同意していました。

0 件のコメント: