2012年4月30日月曜日

「ヨハネの黙示録」ガイドブック 13章1~10節 獣(その3)


 
獣 13110節(その3)

 
 
8節は難解な箇所です。
「神様はすでに天地創造の時点で、
ある人々を天国に、またある人々を滅びに定めている」、
ということがここで言われているのでしょうか。
ルター派の教理の形成に貢献した宗教改革時の神学者たちは、
二つのことを次のように互いに正しく区別して考えました、
「神様は誰のことも予め地獄へ行くように定めてはおられない。
しかし神様は、誰が天国に入ることになるか、御存知である。
そうでなければ、神様は「全知」ではなくなる」。
またルター派の教父たちは、
神様の「選び」は救いにのみ関わり、裁きには関係がない、
と強調しました。
神様は誰ひとり滅びへと予め選んだりはなさいません。
そのかわり、救われる人々を、神様は天国へと選ばれたのです。
これは、人間の理性にはわからない「奥義」です。
このことから、誤った結論を下すべきでもありません。
例えば、私たちが他の人々にイエス様を信じるよう勧めず、
そして、そのような態度を、
「天国に入れるのは、
神様がすでにそうなることを知っておられる人々だけなのだから」、
という理屈で正当化するのは、間違いです。
たとえ皆が救われるわけではないにせよ、
「神様は各人を救いたいと思われている」、
ということを私たちは皆に伝えます。
本当に神様はそれを望まれているのですから。
この難解な節にはまた、非常に素晴らしいメッセージが込められています。
イエス様を信じる人は次のように言うことができるのです、
「すでに天地創造の時に、私の名前は「命の書」に書き込まれた。
神様は私がいつか天国の家に帰ることを望まれている。
そのために、神様は私に信仰を与えてくださったのだ。
私が天国に入れるのは、
私自身ができる行いによってではなく、
神様が決定されたことと神様が全能であることに基づいている。
つまり、私が天国に入ることは、
絶対に信頼できるお方の御手にゆだねられているのだ」。
 

0 件のコメント: