2012年4月20日金曜日

「ヨハネの黙示録」ガイドブック 12章7~12節 天国での戦争

  
天国での戦争 12712
  
 
ヨハネはもうひとつの幻を見ます。
天で神様の天使の長ミカエルと悪魔との間に戦いが起こりました。
戦いは悪魔の敗北に終わり、
悪魔は手下の使いらと共に天から投げ落とされました。
天ではミカエルの勝利を喜ぶ声が上がりましたが、
天使の長の勝利は、地上では不幸の訪れを意味していました。
悪魔が地上に投げ出され、騒乱を巻き起こし、
悪を行い、神様に属する人々を迫害するからです。
この悪行を悪魔は倦むことなく続けますが、それには単純な理由があります。
地上で暴れることができる時間がもはや長くはないことを、
悪魔は知っているのです。
  
悪魔が実際に地上に投げ落されていることは、たやすく理解されるはずです。
悪魔の活動はさまざまな形で顕在化しています。
世界にはおびただしい悪があり、自然は汚染され、戦争が起こり、
人々は間違った道に迷い込み、神様の教会は苦境に立たされています。
これらすべてについていろいろな説明を与えることはできます。
天国から地上に投げ落とされた悪魔が私たちの世界で暴れ狂っているのが、
その真の原因なのだよ、と「ヨハネの黙示録」は教えているわけです。
  
10節で、悪魔は適切にも「告発者」と名づけられています。
まさに悪魔はそのような存在です。
悪魔は際限なく告発し続けます。
告発の対象となるのは、なによりも神様に属する人々です。
「お前はあまりにも出来が悪いので、「神様のもの」などではありえない。
お前はいともたやすく罪を重ねるくせに、
神様の子供のグループに所属しているなどと、よくもまあ言えたものだね。」
このようなことを言う者は、悪魔です。
ただイエス様のゆえに、
私たちは神様の民の一員として認められ受け入れていただける、
と神様の御言葉が保証しています。
私たちは罪人ですが、イエス様のゆえに「神様のもの」なのです。
悪魔が告発してくる時には特に、このことを思い起こすのが大切です。
 

0 件のコメント: