2011年4月18日月曜日

「コリントの信徒への第一の手紙」13章 愛の雅歌 

  
愛の雅歌
 
「コリントの信徒への第一の手紙」13章

 
  
使徒パウロがこれまで書き残したもののうちで最も偉大なのは、「コリントの信徒への第一の手紙」の13章である、と多くの人は考えています。
この章はもっともな理由から「愛の雅歌」と呼ばれています。
人間が書き記した書物の中でも、この章は高い地位を占めています。
その偉大さと荘厳さは、ほかの多くの宗教においても認められています。
この章は、私たちクリスチャンが誇りとすべき高価な真珠です。
それと同時に、この章はすべてのクリスチャンを恥じ入らせるものでもあります。
なぜなら、私たちはこの珠玉の教えに従って生活してはいないからです。
  

0 件のコメント: