2014年5月30日金曜日

「ローマの信徒への手紙」ガイドブック 4章1節 アブラハムが見つけたもの(その1)


アブラハムが見つけたもの 41節(その1)
  
 
この節は、
「私たちの民の始祖であるアブラハムは何を見つけたのか、
と私たちは言えるでしょうか」、
と訳すのがより正しいでしょう。

パウロはこの質問を投げかけて、
すぐにはそれに答えようとはしません。
当時のユダヤ人の説教者たちは、
しばしばこのようなスタイルで教えました。

現代人である私たちは、
パウロが言わんとすることを汲み取れるでしょうか。
果たして私たちは、聖書を十分に知っているのでしょうか。
アブラハムは何を見つけたと言うのでしょう。

正解は「創世記」183節にあります。
それを文字通りに訳すと、
わが主よ、もし私があなたの御目に恵みを得ているなら、
どうか、あなたの僕[1]を通り過ごさないでください」、
となります。
これは古代のギリシア語七十人訳旧約聖書でも同じです。

アブラハムは恵みを見つけました。
こうして彼は、キリストの十字架に依り頼む人々皆にとって、
信仰の父となったのです。
この話題に、パウロは4章全部を費やします。



[1] アブラハムのこと。訳者注。

0 件のコメント: