2014年4月30日水曜日

「ローマの信徒への手紙」ガイドブック 3章1〜8節 ユダヤ人であることには神様との関係において益がないのでしょうか 


ユダヤ人であることには神様との関係において益がないのでしょうか 
318



3章のはじめでは、パウロはまだユダヤ人についての話を続けています。
このテーマは911章でより詳しく扱われます。

ユダヤ人がその罪のゆえに神様の怒りの下にあるという事態は、
神様が御民イスラエルの間で活動されたことがまったく無駄だった、
という意味になるのでしょうか。

ここでパウロは深い考えを提示します。

人々が悪い者だからといって、
神様の働きがそれによって間違ったものになるわけではない、
ということです。
それどころか、
人間の悪さがひたすら神様の栄光を明らかにすることになります。
神様の側には落ち度がまったくなかったにもかかわらず、
ユダヤ人は間違ったやり方を選んでしまったのです。
それゆえ、
ただおひとり神様のみが聖なる方であり、人間は悪い者だ、
という真実があとに残されるばかりです。
私たちの罪でさえも、神様の栄光を明らかにすることになるのです。

とはいえ、 
神様は罪を結局よい方向へと変えてくださるとか、
罪を通して神様は栄光をお受けになる、
などと人々が考えて、わざと罪を行ったりしないように、
パウロは警告しています。
このように自分の罪を正当化するために都合の良い考え方をする者は、
神様の正義の裁きによって罰を受けることになります。

0 件のコメント: