2014年4月11日金曜日

「ローマの信徒への手紙」ガイドブック 第2回目の質問


2回目の集まりのために 「ローマの信徒への手紙」2


「ローマの信徒への手紙」1章で、パウロは、
異邦人(非ユダヤ人)が
神様から離れて生活している罪深い存在であることを示しました。
この2章では、 
ユダヤ人もまた、
神様の御前で、罪の負債を抱える存在であることを、彼は示します。
ユダヤ人たちは神様の御旨を知っていながら、
それに従わなかったのです。
このユダヤ人の罪深さのせいで、
異邦人たちの間で、
神様の尊い御名が蔑まれる事態を招いてしまいました。

1)この章でパウロは、ユダヤ人について厳しい言葉を述べています。
その一方、他の手紙では、
真の教会こそが神様の新しいイスラエルである、と語っています
(「ガラテアの信徒への手紙」616節)。
このことは、今扱っている章の内容を、
私たちキリスト信仰者が深く考えるようにと促します。
はたして、新しいイスラエルは、
それまでのイスラエルよりもよい存在なのでしょうか。

a)一般の人々のほうがキリスト信仰者よりも
はるかに公正で親切である、という話を
あなたは聞いたことがありますか。
私たちキリスト信仰者よりも一般の人々のほうが、
他人の悪口をあまり言わないかもしれないし、
手際よく人助けするかもしれないし、
他人に対して寛容かもしれません。
いったいどこから、このような評判が出てくるのでしょうか。


b)神様の御旨を知っているだけでは不十分である、
とパウロは言います。
御旨には実際に従わなければならないからです。
もしそうでないなら、
神様の御国に属するはずの人々による不適切な振る舞いのせいで、
神様の聖なる御名が
この世の人々によって蔑まれる結果を招くことになるからです。
私たちにとって、これは自分にも当てはまっていますか。

0 件のコメント: