2013年4月11日木曜日

「ヨハネによる福音書」ガイドブック 9章8~34節 尋問 


  
尋問 9834
  
 
目の見えない人が視力を回復した癒しの奇跡は
周りの人々を驚嘆させ、一体何が起きたのか、調査する必要が生じました。
一見すると、ファリサイ派の人々は
目が見えるようになった人に対して集中的に質問しているようですが、
実は、彼らの関心はイエス様そのものに向けられていました。
最初に質問してきたのは、
近所の人々や、
目が見えるようになった人のことを前から知っていた人々でした。
彼らは出来事のあまりの不思議さに
どう考えてよいか、わからなかったのです。
ユダヤ人の民衆の教師だったファリサイ派の人々は、
彼らから出来事の説明を要求されました。
ファリサイ派の人々は、
奇跡そのものよりも、
イエス様が安息日に奇跡を行ったことに注目しました。
彼らによれば、それはモーセの律法を破る行為でした。
なぜ神はイエスの祈りを聴いたのか、
と訝る人々も中にはいました。
罪人の祈りは神様に聴かれることがない、
と一般に考えられていたからです。
癒された人は、
イエス様が預言者であることを微塵も疑いませんでした。
一番簡単な説明は、
実は奇跡は起きなかった、とするものです。
そのために、癒された人の両親が呼び出され、
彼らの息子は本当に生まれた時から盲目だったのか、
と厳しく尋問されました。
ユダヤ人を恐れて、
彼の両親は最小限の返答をするのに留めました。
彼らは、
癒された人が彼らの息子であり
生まれた時から目が見えなかったことを認めましたが、
他のことについては何も語ろうとはしませんでした。
彼らはシナゴーグ(ユダヤ人たちの集会所)からある一定の期間
(一週間か、一ヶ月間か、あるいは一生の間かはわかりません)
追放されていた可能性があります。
13歳でユダヤ人の男の子は、自分で自分の責任を取るようになります。
それを理由として、両親は彼について責任を取ろうとはしませんでした。
それで今度は、
目が見えるようになった人が再び尋問を受けることになりました。
「神に栄光を帰せよ」、と重々しく誓わせ、
「うそをついて罪人をかばってはいけないぞ」、と彼らは脅かしました。
それに対して、癒された人は、
ファリサイ派の人々の神経を一番逆なでするような質問を
逆に投げかけました。
もしもイエス様が罪人ならば、
なぜ神様はイエス様の祈りを聴いてくださったのでしょうか。
もしも神様がイエス様のことを聴いてくださるなら、
なぜファリサイ派の人々はイエス様について何もわからないのでしょうか。
これらの質問は、答えるにはあまりにも難しいものであったため、
ファリサイ派の人々は尋問を取りやめて、
癒された人をその場から追い払ったのでした。
 
 

0 件のコメント: