2013年10月14日月曜日

「ヨハネによる福音書」ガイドブック 17章6~19節 弟子たちのための祈り(その2)



弟子たちのための祈り 17619節(その2)


「弟子たち」とは誰のことでしょうか。
彼らは、神様がこの世から選び出し、
イエス様にお与えになった人々のことです。
御父が命じられたことをすべて、御子は彼らに教えました。
イエス様が御父の遣わされた御子であり、
世の救い主であることを、
彼らは理解しました。
暗闇の世界に神の光が灯ったのです。
しかし、まさしくこの光のゆえに、
「イエス様のもの」である人々は憎まれることになります。
というのは、
暗闇の世がやりたいのは
神様の光を吹き消すことにほかならないからです。
今までイエス様は弟子たちを守られました。
しかし今、天の父の御許へと旅立とうとしているので、
彼らを神様の御手にゆだねられるのです。
神様は彼らをこの世や悪の只中から取り去りはなさいません。
しかし、彼らをこの世で悪から守ることはしてくださるので、
イエス様はそれを願い祈られるのです。
それは、
「神様、私に属する人々が
御言葉の謙虚な学徒として
天の父の栄光と真理に堅くつながり続けられるように、
どうかこれからも彼らを守っていてください」、
という祈りです。

0 件のコメント: