2011年8月31日水曜日

「ヨハネの黙示録」ガイドブック 同じことをさまざまな角度から

  
同じことをさまざまな角度から
 
「ヨハネの黙示録」を正しく理解するためには、
この書物に登場する多くの幻はある同じことをあらわしている
ということに気付く必要があります。
カメラの場合には、
全体がフレームに収まるような遠距離からの写真や、
ある箇所の細部をとらえた近距離からの写真など、
同じ被写体をさまざまな角度から撮ることができます。
「ヨハネの黙示録」でもこのようなことが行われているのです。
ある幻はある出来事をひとつの角度から描いたり、
あるいはその出来事全体を見渡すようなイメージを与えたりしています。
また、後に出てくるもうひとつの幻が、
以前すでに扱った内容を新しい角度からさらに細かく描き出そう
としている場合もあります。
この典型的な例は、バビロンの滅亡に関する描写です。
それについて「ヨハネの黙示録」はすでに14章8節で語っています。
そして同じ出来事のより細かい描写が18章に出てきます。
もうひとつの例は、神様の御許における永遠の命についての描写です
(たとえば、7章9~17節、19章6~10節、21章および22章)。
すべてこれらの箇所は同じことについて
互いに少しずつ重点をずらしながら語っているわけです。
 

0 件のコメント: