2011年6月29日水曜日

「コリントの信徒への第一の手紙」16章13~24節 勧めと挨拶

   
勧めと挨拶 16章13~24節
 
パウロは手紙を終えるにあたり、さらにいくつか勧めの言葉を与えています。
「目を覚ましていなさい」というのは、「主の再臨を待ち望みなさい」という意味です。
キリストの再臨の日は、パウロの心から決して離れることがなかったように見えます。
パウロは、目を覚まし主の再臨を待つということを、コリントの教会の争いにも、また復活に関する論争にも、緊密に関係付けています。
 
ステファナ、アカイコ、フォルトナトは、パウロと共にエフェソに滞在したことがあります。
今回彼らはパウロの手紙をコリントへと届けてくれました。
手紙は、「ステファナのように教会のために大いに労苦している人たちをできるかぎり支えて、彼らの仕事への感謝の証を示すように」、と勧めています。
  
終わりの挨拶の中では、22節の「マラナタ」(「私たちの主よ、来てください!」という意味のアラム語です)という短い言葉に注目するべきでしょう。
これは初期の教会の聖餐礼拝で響き渡った初代クリスチャンたちの祈りの叫びなのです。
このように、真のクリスチャンは主の再臨を待ちつづけるのです。
  

0 件のコメント: