2016年5月30日月曜日

「ローマの信徒への手紙」ガイドブック 14章 「弱い」教会員とは誰か?(その1)



「ローマの信徒への手紙」14章 「弱い」教会員とは誰か?(その1


「弱い」教会員たちの意見は、
この箇所からは部分的にしかわかりません。
おそらくパウロはここで、
ローマの教会内部の問題について話しているのではないでしょう。

もっとも、
地方に点在する各個教会の一群を大きな一つの教会と見なす場合には、
もちろんこの話題はローマの教会にも関係してきますが。

パウロは他の教会での自身の体験について話しているのでしょう。
ここでの話題とかなり似通った内容のことがらを、
彼は「コリントの信徒への第一の手紙」810章においても取り上げています。
「弱い」キリスト信仰者は「強い」キリスト信仰者ほど強情ではない、
とは必ずしも言えません。
推測の域を出ないある種の理由から、
彼ら「弱い」キリスト信仰者たちは肉を食べることを拒否しました。
肉食を拒むことには多くの理由が考えられます。
異邦人の間では、
それは当時の一般的な考え方のひとつであったとも言えます。

0 件のコメント: