2016年2月24日水曜日

「ローマの信徒への手紙」ガイドブック 12章9〜21節 信仰は活動的な愛を生み出します(その5)

信仰は活動的な愛を生み出します 12921(その5)


困難な状況下にいたパウロのこのメッセージは
平和な社会に生きている私たちを恥じ入らせるものです。
キリスト教徒への迫害は現在でもなお世界各地で頻発しています。
それなのに、
私たちはそれらの迫害を気に留めない飽食の時代のキリスト教徒なのです。
心の平安が必要だと感じたら、
教会に行って気分転換をはかることもできるし、
家に帰ってくつろぐこともできます。
「私たちは「神様のもの」であるキリスト信仰者だからこそ
今にも誰かが我が家に火を放つかもしれない」
などと恐れる必要はありません。
これは経済的に豊かな社会で生きるキリスト信仰者に与えられた
特有の試練であるとも言えます。

この試練の中で私たちの愛ははたして存続していますか。
職場での険悪な人間関係の泥沼にはまっている人が
いったいどのくらいいますか。
近隣の人々といがみ合ったり冷たい関係だったりする人は
いったいどのくらいいるでしょうか。
また、家庭ではどうでしょうか。
家族が互いに対して自分の悪かったところを謝ったり、
罪を赦し合ったり、仕えたり、愛情を持って接したりしていますか。
それとも逆に、
腹を立てたり、文句を言って周囲をいらだたせたり、
自分でもイライラしたりしているのでしょうか。

12章の終わりにあるパウロの伝える御言葉は厳かな高貴さを湛えています。
大部分の人にとって、
それは内容のないうつろに響く言葉の羅列にすぎません。
しかし、本来ならそれは
各人が日常生活の中で実行して行くべきことがらなのです。
日々実践を積み重ねていくにつれて、 
罪に堕落した悪の世にも「神の御国」が根を下ろします。
少なくとも神様の御旨に従おうと努める時に、
私たちは「自分が罪深い存在であること、
それゆえに私たちの身代わりとして罪の罰を引き受けてくださった
キリストを必要としていること」を理解するのです。

0 件のコメント: