2014年10月31日金曜日

「ローマの信徒への手紙」ガイドブック 6章1〜4節 聖めの基としての洗礼(その2)


聖めの基としての洗礼 614(その2)


これら数節には、
自分の罪に苦しめられている人たち全員に向けられた
素晴らしい慰めが含まれています。
あなたは弱くてだらしないキリスト信仰者かもしれません。
もしかしたら、あなたの生き方は誰の模範にもならないかもしれません。
ひょっとしたら、あなたは人生の意味をすっかり見失っているかもしれません。
それでも、あなたが洗礼を受けている、という事実を思い出しなさい。
これは、
神様があなたを御自分の子どもになさりたかった、
という事実をはっきり示す素晴らしい証拠なのです。

あなたは神様の側に属しています。
なぜなら、神様は、
あなたが御自分のものとなるように、
あなたに洗礼を授けてくださったからです。
洗礼は、神様が私たちに示してくださった大いなる恵みなのです。

それゆえ、
もしも神様のこの御業(幼児に洗礼を授けること)を
取るに足らないものとみなして、あとから洗礼を再び受けるなら、
それは実にひどい行いなのです。
「エフェソの信徒への手紙」45節に従って、私たちは、
「主は御一人、信仰は一つ、洗礼も一つです」、
と信仰告白します。

神様の御業を人間がやり直す必要はまったくありません。

0 件のコメント: