2014年10月24日金曜日

「ローマの信徒への手紙」ガイドブック 6章1〜4節 聖めの基としての洗礼(その1)


聖めの基としての洗礼 614節(その1)

前回に述べた誤解を解くために、パウロは洗礼について説明し始めます。
パウロはローマに行ったことがなく、
そこの教会の状態についてもよく知りませんでした。
しかし、教会のすべての人が洗礼を受けていることは、
パウロにとって自明でした。
洗礼は、キリスト教信仰の始めからあったことなので、
洗礼を擁護する弁舌を振るう必要がなかったのです。


洗礼の意味について、パウロは短く説明します。
洗礼を通して、私たちはキリストに結わえられます。
この関係は生死を共にする深い絆です。
洗礼はキリストの死に結わえられることでした。
私たちは洗礼を受けた時に、キリストと共に埋葬された、
とパウロは言います。
彼が言う「古い人」とは、洗礼を受ける前の私たち人間の状態のことです。

この古い自分が十字架につけられ、ゴルゴタでイエス様と共に死んだのです。
神様がイエス様を死者の中から復活させたので、
イエス様と同じようにして、私たちもまた、
いつか必ず死者の中から復活することになります。
私たちの罪は、キリストの死を通して、
その罰をすでに受け、帳消しになっています。
洗礼は、この贖いの御業が私たちにも確実に適応されるようにしてくれます。

0 件のコメント: