2014年8月27日水曜日

「ローマの信徒への手紙」ガイドブック 5章6〜11節 神様の愛は、本来ならその愛に値しない者に対して向けられます(その3)


神様の愛は、本来ならその愛に値しない者に対して向けられます 
5611節(その3)


御子イエス•キリストのゆえに
私たちの罪をすべて帳消しにした神様の愛は、
私たちに向けて、今やいっそう大きく燃えあがっています。

神様は、
キリストの十字架上の死という「贖いの御業」の以前にも、
私たちを深く愛しておられました。
その愛は、
御子を受苦の道へと向かわせるほど偉大なものでした。
そして、この贖いは、
キリスト信仰者において実を結びました。
神様の愛の働きによって、
私たちキリスト信仰者が、
神様を誇りとし、
神様の善き御業を誉め称え、
皆に伝道していくようになったからです。


私たち自身の善い行いや信仰について、
パウロはここでは一言も述べていません。
それにはもっともな理由があります。
人間の善い行いと信仰は、今回取りあげた事柄とは何の関係もないのです。

これらについては、かなり後になってから、1215章で出てきます。
その箇所でパウロは、
「神様のもの」として贖われ買い取られた者は、
もはや好き勝手な生き方をしてはならない、
ということをきちんと教えています。

0 件のコメント: