2016年9月14日水曜日

「ローマの信徒への手紙」ガイドブック 終わりのメッセージ(14章)

終わりのメッセージ

信仰を通して洗礼の源へ

私たちが受けた聖なる洗礼を通して、
イエス様のあがないの血は私たちを覆って流れるようになりました。
この同じ血による清めを、私たちはいつもこれからも必要としています。
イエス様はこう言われているからです、
「私があなたを洗わなければ、
あなたは私とは何の関わりもないことになります」
(「ヨハネによる福音書」138節より)。

目覚めている良心はとても敏感で、わずかでも汚れることを嫌います。
それはちょうど、
ピカピカの鏡が息を吹きかけられると曇ってしまうのと似ています。
神様の律法は神聖で厳密なものであり、良心はとても臆病です。
一番小さな罪の汚れについてさえも律法は叱りつけ、裁きを下します。

それでも、
このイエス様のあがないの血はそれよりも何千倍も強力なので、
私たちを罪と汚れとからいつでもきれいに洗い清めてくれます。

ただし、そのために必要なことがあります。
それは、一度受けた洗礼を通して開かれた源へと
私たちが信仰を通していつでも何度でも戻っていくことです。
そして、このような洗い清めによって、
私たちは活ける神様にお仕えする力をいただきます。


F. G. Hedberg

0 件のコメント: