2015年12月18日金曜日

「ローマの信徒への手紙」ガイドブック 12章3〜8節 キリストの身体の諸部分(その1)


キリストの身体の諸部分 1238節(その1)


教会がキリストの身体であることを読者に思い起こさせつつ、
パウロは話を続けます。
深い内容を含んだこのイメージは聖書の他の多くの箇所にも登場します
(「コリントの信徒への第一の手紙」12章、
「ガラテアの信徒への手紙」327節、
「エフェソの信徒への手紙」52232節、
「コロサイの信徒への手紙」119節)。

私たちは洗礼を通してキリストに結びつけられています。
これによって、
私たちたくさんの人間がキリストの身体という
一つの活ける存在になっているのです。
この事実は私たちが教会の中で共に生きていく上での基点となります。
私たちは皆が一緒に機能する個体なのです。
私たちの使命は、同じ目的のために一致団結して綱を引っ張ることです。

私たちには皆それぞれ賜物が与えられています。
私たちは皆それぞれちがう個性を持っており、
人間的な弱さの故に自分にとって都合のよいことを大切にする傾向があります。
その一方では他の人たちの傾向や希望には理解を示そうとしません。

パウロが語っているように、
人は神様から何か特別な恵みの賜物をいただくと、
いとも容易に驕慢になり、
自分とはちがう他人のことを理解しようとする努力を
やめてしまうことが多いものです。
たとえば牧師の仕事や、特別な恵みの賜物、聖書会を継続する力など、
神様から委ねられている職務や使命は人によって様々です。
これらの使命を実行する立場にある人たちは
教会員皆の最善を考えて行動するべきです。

キリストの教会では、
ひとりで目立つ働きをしてよい場合もありますが、
教会の成長と宥和に資するように皆が互いに仕え合うのが
その本来のあり方です。

0 件のコメント: