2015年9月7日月曜日

「ローマの信徒への手紙」ガイドブック 9〜11章 教会とユダヤ人

教会とユダヤ人

「ローマの信徒への手紙」911


今回取り上げる911章は、私たちに大問題を突きつけます。
ここでパウロは
自分もその一員であるユダヤ民族の行く末について述べているからです。
彼はイスラエルが福音を拒絶する有様を、
心を痛めながら実際に自分の目で体験しました。
これはなんとも奇妙な状況でした。

罪深い存在である人間を救うために、
神様は天地創造の時以来、
目に見える形で人間の歴史に関わり続けてこられました。
神様は御言葉を通して、
御自分についてユダヤの民に啓示して救いの約束をお授けになりました。
にもかかわらず、
ユダヤの民の大多数はキリスト教会に加わろうとはせず、
教会の外部に留まりました。

これが「異邦人の使徒」であるパウロにとってどれほど辛いことであったか、
9章の始めの言葉からも感じ取ることができます。

パウロの親戚や友人たちは、彼の伝える福音に注意を払いませんでした。
現在でも多くのキリスト信仰者は、
自分の親戚や友人に関して、パウロと同じように、
なぜ彼らは福音を受け入れないのか、問わずにはいられません。

神様が罪深い存在である人間を救われる出来事は、
人類の歴史の中で今この瞬間も起きているし、またこれからも起こります。

歴史におけるイスラエル民族のもつ意味に関しては、
私たちの生きている現代においても様々に相反する意見が述べられています。

911章でパウロはこれらの問題を、
感嘆するほかない鮮やかなやり方でじっくりと掘り下げていきます。
この難問に真正面から取り組んだ彼は、
最も深く暗い場所に、神様の最も偉大な善き御心を見出します。

0 件のコメント: