2015年5月20日水曜日

「ローマの信徒への手紙」ガイドブック 8章12〜17節 「神様の子ども」の資格を与える御霊(その1)


「神様の子ども」の資格を与える御霊 81217節(その1)


パウロはキリスト信仰者全員に、
自分たちが抱えている「膨大な負債」について思い起こすよう、
促しています。

この負債は律法に対するものではありません。
つまり、
「神様に受け入れていただける者となるために、
前よりもいっそう自分を厳しく律するほか道がない」、
という負債ではありません。

そうではなく、この負債は御霊に対するものです。
私たちは喜んで負債を御霊にお返しします。
つまり、私たちはいただいた罪の赦しを喜びます。

キリストのゆえに、
罪を赦された私たちは、膨大な賜物をいただいているのです。
ですから、私たちはこの負債を心に留めて、日常生活を送るべきです。 

悪魔とキリストが私たちの心の中で戦っている様を、私たちは見ます。
私は愛していますか、それとも、憎んでいますか。
罪を赦しますか、それとも、赦せる時が来るのをまだ待ち続けるつもりですか。
神様の御旨に従いますか、それとも、良心の声を消し去りますか。
私たちの毎日は、こういった大小さまざまなことをめぐる戦いの連続です。

身体の悪い行いを御霊の力によって封じるために、
パウロは私たちをキリストの側へと導き、悪魔に対抗するようにします。

0 件のコメント: