2015年1月28日水曜日

「ローマの信徒への手紙」ガイドブック 7章1〜6節 律法から離れなさい(その1)


律法から離れなさい 716節(その1)

人は、神様のお定めになった戒めに完全に束縛されています。

かりに人が戒めに反して自分勝手に行動したとしても、
例えば第7戒(「盗んではならない」)などの戒めが
有効であることは変わりません。

たとえ教会の指導者や大学の教授たちが一群となって押し寄せ、
「現代ではこのような戒めにもはや従う必要がない」、
と教えたとしても、まったく無駄なことです。
主の御前では、 十戒の刻まれた板の下からは、
砂のかけらさえ移動されてはいないからです。
神様がお定めになったことがらは、永遠に有効であり続けます。

パウロはここで実に的確なたとえを用いています。
「私たちは神様の律法と結婚している」、
と言うのです!
それは、
「私たちは十戒から別れることができない」、
という意味です。

「神様の戒めなど気にしない」、
といくら言い張ったとしても、
それらの戒めは私たちを、
私たちが生きている間ずっと束縛しており、
そして最後には神様の御座の前で責め裁きます。
人は誰も、自分の罪深さを告発するこの起訴状から逃れることができません。


0 件のコメント: