2012年1月30日月曜日

「ヨハネの黙示録」ガイドブック 7章1~8節 144000人 とは一体誰のことか?(その1)

 
ヨハネの黙示録7
  
144000 人とは一体誰のことか? 718節(その1)
  
 
第六の封印が解かれたとき、
ヨハネは世界が揺り動かされるのを見ました。
神様の怒りが地を覆い、空の星が地に落ち、艱難の只中で人々は死を願います。
このような幻におびえないような人がいましょうか。
神様に属する人々も、
恐れを抱かずにこの幻について読むことはできないでしょう。
8章にもいろいろな幻が続いてあらわれます。
最後の日はすぐそこまで来ており、前代未聞の災いが世界を震撼させます。
終わりの時が新たにより詳しく描写される前に、
神様に属する人々を励まし慰め力づける幻が、ヨハネに示されます。
  
まずはじめにヨハネは世界の四隅に立っている四人の天使を見ます。
つまり、天使が一人ずつそれぞれの隅にいるわけです。
彼らの役割は、風が地を台無しにしないように、風を留めておくことです。
風というよりも嵐は、最後の日に世界中を吹き荒れる諸力を表しています。
それら諸力によって世界は揺り動かされ、地上の艱難は拡大していきます。
この世界は偶然に左右されているわけではないのだ、
と私たちはふたたび気がつきます。
神様の天使たちが、
自然や人間を痛めつける諸力をしっかり抑えてくれているのです。
神様による決定にもとづいて、ようやくそれらの諸力は開放されます。
神様はあらゆる権威をお持ちなので、
この世界では神様が知らず許可なさらないことは決して起きもしません。

0 件のコメント: