2015年11月25日水曜日

「ローマの信徒への手紙」ガイドブック 終わりのメッセージ(9〜11章)(その2)


終わりのメッセージ(9〜11章)(その2)

ところが実際にはそれとは反対に神様は、
私の救いに関わることがらを
私自身の自由意志の及ばない外部へ持ち出して
御自分で決定することになさいました。
それに加えて神様は私を守ることを約束してくださいました。
これは、
私が善いことを行ったり、
そうしようと奔走したりしたからではありません。
神様は御自身の恵みと憐れみのゆえにそうなさるのです。

まさにそれゆえに、
私は安らかな心で確信にみちて、
「神様は徹頭徹尾忠実なお方であり、私に一切嘘を言われないお方である」、
と断言できるし、
「どのような悪霊も不幸な出来事も神様に勝つことはできないし、
神様の御手から私を奪い去ることもできない。
それほど神様は強く大いなるお方である」、
と言い切ることもできるのです。


「私の父が私に下さったものは、すべてにまさるものです。
そして、誰も父の御手から、それを奪い取ることはできません」
(「ヨハネによる福音書」1029節)、
とイエス様が聖書で言われている通りです。

0 件のコメント: