2015年8月19日水曜日

「ローマの信徒への手紙」ガイドブック 8章31〜39節 いったい誰が、神様に属する人々を責めることができましょうか?


いったい誰が、神様に属する人々を責めることができましょうか? 
83139
 
パウロは神様を賛美する素晴らしい歌でこの長い章を閉じます。
神様の子どもとして生きることほど
安全な生き方はこの世には他に存在しません。
神様はその御子を惜しまずに、十字架の死に渡されました。
それほどまでに、私たちを愛してくださっているのです。

この箇所でパウロは、アブラハムについて語っています。
神様はアブラハムを厳しい試練へと導かれました。
それを通して、彼が神様を他の何よりも愛していることを確認なさいました。

神様は罪深い存在である私たち人間を
キリストの血によって御自身と和解させてくださいました
私たちを神様がいかに熱く愛しておられるか、
ゴルゴタの出来事(イエス様の十字架刑)を通して見ることができます。
このことを信じる時、
いったい私たちを脅かすものが何かありましょうか。
いったい誰が神様に反抗できましょうか。
キリストが私たちのために祈っていてくださるのに、
いったい誰が私たちを地獄に突き落とすことができましょうか。

迫害が起ころうと、苦しい目に遭おうと、困難や危険に遭遇しようと、
それらの出来事は、
主に属する人々が輝かしい勝利を収める様を
いっそう際立たせていく結果になるからです。
いかなるものであれ、
キリストの十字架に示された神様の愛から、
私たちを引き離すことはできません。


ルターはある時、
ローマ•カトリック教会から異端として除名され、
神聖ローマ帝国からも身辺の保護を一切受けられない
窮地に立たされたことがあります。
教会の中にも帝国の中にもいられないそのような状況の下で、
いったいどこで生きて行くつもりか、
ときかれたルターは、
「神様の天の下で生きて行く」、と答えたそうです。
神様の守りの中から御旨に反してルターを奪い去ることは、
誰にも決してできないからです。

0 件のコメント: