2016年7月27日水曜日

「ローマの信徒への手紙」ガイドブック 14章1〜12節 他の人の信仰の確信を傷つけてはいけない(その2)

他の人の信仰の確信を傷つけてはいけない 14112節(その2)


肉を食べることに加えてもう一つ挙げられている問題は、
ある特定の日を聖なる日とみなす態度に関連しています。
これが具体的にはどういうことを意味しているか、
またしても私たちは知りません。
しかし、ここで問題になっているのは、
休日を土曜日にすべきかそれとも日曜日にすべきか、
という喧嘩などではないでしょう。
少なくとも毎週の聖日をめぐる問題ではないのはたしかです。
むしろ、ユダヤ人の祝祭の暦の遵守がここで問題になっていると思われます。
とりわけ異邦人(すなわち非ユダヤ人)キリスト信仰者にとって、
ユダヤ人の一連の祝祭はさほど大切なものではありませんでした。
このことからキリスト信仰者の間に意見の相違が生じたのかもしれません。
それに対してパウロの与えた指示は、
各自がやりたいように特別な日とそうでない日とを区別すればよい、
というものでした。
実のところ、キリスト信仰者の一日は毎日毎瞬が神様への礼拝なのです。
このことに加えてユダヤ人の祭も祝いたい人がいるならば、
別にそのようにしてもかまいません。

0 件のコメント: