2015年4月24日金曜日

「ローマの信徒への手紙」ガイドブック 第7回目の質問


7回目の集まりのために 「ローマの信徒への手紙」7


キリスト信仰者においては、
罪と義の間での戦いが絶えず繰り広げられています。
キリスト信仰者は、この地上で生きている間は、
まったく罪のない状態にはなれません。
神様の御前で様々な欠点を抱えた罪深い存在のままです。
それにもかかわらず、人間は、
ひとえに主キリストのゆえに、神様に受け入れていただけるようになっています。

1)キリスト信仰者が自分の罪深さを見る時、その理由について、
次の二つの「解答」が提示される場合があります。

A)人というものはいつも弱い存在です。
もしも自分がいろいろな欠点を抱えている人間であることを
素直に私たちが認めないなら、それはとても危険なことです。
とはいえ、
私たちが神様の御旨に反したことを行っている事実を
とりたてて大げさに考える理由はありません。
なぜなら、神様は人とはまったく違う存在だからです。

B)信仰の戦いがうまく行かない原因は、
人が神様に自分自身を神様に完全に明け渡していないところにあります。
ですから、
人は新たに洗礼を受け直さなければ、信仰の戦いを勝ち切ることはできません。

これらの考え方についてどう思いますか。
「ローマの信徒への手紙」7章に基づいて話し合ってください。

2)人間は神様の御旨を破っている、
という現実の状態を指摘したとしましょう。
これは、
キリスト信仰者が神様のご命令から完全に離れてしまった、
という指摘と内容的に同じことなのでしょうか。


3)今まで聖書研究会で「ローマの信徒への手紙」を学んできた皆さんに
お尋ねします。
もしさしつかえなければ、
皆さんが今まで戦ってきた、あるいは今もなお戦い続けている
信仰の戦いについて、具体的にオープンに話し合ってみてください。

0 件のコメント: