2017年2月22日水曜日

「ローマの信徒への手紙」ガイドブック 終わりのメッセージ(15〜16章)(その1)

終わりのメッセージ(15〜16章)(その1)

どうか私たちを「習慣的キリスト信仰者」としてください


「習慣的キリスト教」というと、
形式だけで内容を伴わないキリスト教信仰のあり方に聞こえます。
とても褒められたものではなく、
これほど最低の信仰生活はほかにないだろうとさえ思われます。
ちょうどアルコール中毒者をアルコールから解放する手助けをするようにして、
これほど気の抜けた信仰生活から脱却できるように
手助けする組織が必要なのではないか、
と思案するのがふつうかもしれません。

昔の私は実際このように考えていました。
「習慣的キリスト信仰者」とでも呼びうるこの哀れな連中に石を投げて、
説教台や福音伝道や話し合いの場から追い払うべきである、と。
一方では、
「習慣的キリスト信仰者」である「我々」は現代の疫病であり、
「我々」と一切の関係を断ち切る権利を他の皆が有している、と。

長い間にわたる経験に基づいて言えることですが、
例えば、朝の祈りのひと時や礼拝を通して私の魂は大いに昂揚し、
霊的な糧を得て満ち足ります。
そして、神様との親密な生活を送ることができます。

それにもかかわらず、
私は怠ける自分の性癖に対して、
朝の祈りのひと時や礼拝の習慣をきちんと守るように、
と命じなければなりません。

しばしば私は、
熟慮の上で生活に取り入れた習慣に従うように、
自らに強要しなければなりません。

仕事や話し合いの場からいったん離れて食事の席に移るとき、
私の心はいつも神様への感謝で満たされる、
というわけではありませんでした。
そうではあっても、
私はキリスト信仰者としての習慣に従い、
目の前に備えられた食事が神様からの善き賜物であることを、
祈りをもって告白したのでした。

(つづく)


レイノ・ハッシネン

0 件のコメント: